自分に合った動画アプリ(vod)を見つけよう!
  • 掲載記事数 455 記事
  • 作品登録数 9739 作品

Amazon Fire HD 8 Plusをレビュー!タブレット&置き時計の1台2役

更新日:2021年06月10日
Fire HD 8 Plusってどうなの?使った感想が知りたい!
Fire HD 8 Plusって動画見れるの?NetflixやYoutubeはどう?
Fire HD 8 Plusの音質や画質ってきれい?レビューを知りたい!

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、『Fire HD 8 Plusを実際に使ってみてのレビュー』をご紹介していきます。

 

音質や画質、使える動画アプリ、Youtubeは全画面で見れるのか、どんな使い方ができるのか、オススメの人はどんな人で、オススメではない人は?などなどFire HD 8 Plusを実際に使ってみて感じたことを解説します。

Fire HD 8 Plusを一緒に見ていきましょう!

 

【2020年版】Fire HD 8 Plusをレビュー

Fire HD 8 Plusは、現時点(2020年7月)でAmazon Fireタブレットの中でも最も新しい機種で、最も利便性、活用性に優れているFireタブレットです。

価格は11,980円

Fire HD 8 Plusを実際に使ってみましたが、程よいコンパクトな画面サイズは持ち運びに便利で、一人で動画を見たりするにはピッタリの大きさです。また、画質や音質などの性能もとても良く、Amazon Fireタブレットの中でも最も使い勝手の良いタブレットだと言えます。

さらに、Fire HD 8 Plusは、唯一ワイヤレス充電器に対応しているFireタブレットで、Echo Showモードにすればタブレットではなく、置き時計のような感覚で使える1台2役のAmazon Fireタブレットとなっていました。

とはいっても、すべての人にオススメできるかと言われたらそんな事はありません。そちらも合わせてご紹介していきます。

 

外観と写真

Fire HD 8 Plusの内容物は以下の4つです。

  • Fire HD 8 Plus本体
  • 充電ケーブル(USC Type-C)
  • 電源プラグ
  • 説明書

Fire HD 8 Plusは、USBのType-Cで充電をするため、Type-Cで充電するデバイスを持っている方からしたら汎用性があってとても嬉しいポイントです。

 

Fire HD 8 Plusは、Amazonで購入する時に注文画面で「Amazonアカウントに登録」という欄にチェックを入れて購入することで、初期設定がとても楽になります。

Amazonアカウントでのログインは自動でされており、Amazonに保存したWi-Fiパスワードも自動で設定してくれるので、初期設定は2〜3回タップ程度で終わってしまうためとても快適なスタートを切れます。

 

こちらは、Fire HD 8 Plusの正面、縦向きで使う時の画像です。

よく見てもらうとわかるのですが、この時カメラが左側についているかと思います。これはFire HD 8 Plusは、横向きをメインで使うように考えられているタブレットで、横向きにした時にカメラが中央に来るようになっているためです。

 

こちらがFire HD 8 Plusの横向きの画像です。

カメラが本体の中央上になるため、テレビ電話やZOOMなどを使ったテレワークのときは、Fire HD 8 Plusの画面を最大で使いつつも正面でカメラを使えるようになっています。

Amazon Fireタブレットの一番小さいタイプのFire 7、一番大きいタイプのFire HD 10は、横向きにするとカメラが横側になってしまうため、テレビ電話やテレワーク時にはカメラワークがちょっとおかしなことになります。

Fire HD 8 Plusは、横画面がメインで、大画面でFire HD 8 Plusを使ってもカメラが使いやすいようになっているのです。逆に縦画面の時はカメラが左側になってしまうためここは注意です。

 

Fire HD 8 Plusには、2つのステレオスピーカーが搭載されています。

横向きに持った時の上側から音が出る仕組みで、後ほども解説しますが、音質がとても良いのが特徴的です。

動画や音楽を聴く時にピッタリのタブレットと言える性能となっています。

しかし、縦向きにするとスピーカーは左側を向くのでおとんバランスが悪くなりがちです。Fire HD 8 Plusを使う時は基本的に横向きがメインとなります。

 

Fire HD 8 Plusを縦向きで持った時の上側、横向きにすると右手側にあるのが、左からイヤホンジャック、USB Type-C、マイク、電源ボタン、音量ボタンとなっています。

ボタンはしっかりとした押し心地があるため壊れる心配はなさそうですし、見た目もちゃっちさがなくていい感じです。

 

Fire HD 8 Plusのスピーカーとは逆側にはSDカードスロットがあります。SDカードは1TBまで対応しているため、Fire HD 8 Plusの容量を増加することが可能です。

Fire HD 8 Plusは、32GBと64GBの2つの容量があり、差額は2,000円です。

2,000円多く払って64GBにするか、2それても32GBで我慢し、SDカードで補填するか。それとも32GBで十分なのか。

筆者が実際に使った感想で言えば32GBでもSDカードは必要なかったです。筆者自身Fire HD 8 Plusは、動画と電子書籍メインで使うのですが、動画はプライムビデオやNetflixからダウンロードしますが、最大でも映画を5作品程度を保存しており、見た動画はすぐに削除し、Wi-Fi環境で動画をダウンロードします。こういった使い方であれば32GBで十分です。また電子書籍は大きな容量を食わないのでそこまで気にせず使えます。

また、写真はFire HD 8 Plusのカメラ性能がとても悪いため、特に使う場面がありません。そのため動画や電子書籍だけに容量を使うことができます。

 

これはFire HD 8 Plusをなにをメインにして使っていくのかで変わってきます。プライムビデオ、Netflix、Huluすべて使っており、上限まで動画をダウンロードしたりしているなら64GBでも足りないかもしれません。

逆に、プライムビデオだけで、メイン使用は自宅のWi-Fi環境で、たまに外で使う程度なら64GBすらいらず、32GBで十分です。筆者のような使い方でも32GBで十分でした。

これに関してはお財布事情とFire HD 8 Plusの使い方に相談ですが、外での使用が多く動画がメインなら64GB、Wi-Fi環境での使用が多いまたは動画も音楽も電子書籍もそこまでガツガツは使わないというなら32GBという目安でしょうか。

 

Fire HD 8 Plusの充電はUSB Type-Cです。

AndroidやMacbookを使っている方からしたら汎用性があって使いやすですね。iPhoneユーザーですと管理するケーブルが1種類増えます。

 

充電をしながらFire HD 8 Plusを横向きで使うと、右側にケーブルが来ます。

 

縦持ちだと上側なります。

 

Fire HD 8 Plusは、AppleのiPadとは違い、それこそ見た目に高級感はないものの、とてもシンプルなタブレットで使いやすさ利便性に長けているタブレットといえます。

これから解説していきますが、音質や画質も申し分なく性能がよく、音楽や動画を楽しむ人は1台持っていても損はないタブレットです。

 

画質

Fire HD 8 Plusの画質は、率直にとてもきれいです。

8インチディスプレイで、解像度1280 x 800 (189ppi)のFire HD 8 Plusは、何も違和感なく動画鑑賞が楽しめる画質となっています。

2020年現在、スマホの性能はとても良くなっており、画質の悪さには敏感でも、画質の良さにはそれほど驚きを感じない様になっています。

Fire HD 8 Plusは、画質の良さは良いですが、現代のスマホの画質に慣れているとまあ普通のきれいさだねといった感じです。しかし、逆に画質が悪いとは感じることはないので、なにも問題なくFire HD 8 Plusで動画やアプリなどを使うことができます。

ここがポイントで、画質は今やほとんどの人が綺麗さを知っています。そのため画質の悪さにはよく気が付きます。Fire HD 8 Plusを実際に使ってみて画質が悪いとは思わなかったため、それなりに画質のきれいさに慣れている人でも問題なく使えるタブレットとなっています。

 

しかし、カメラの画質は問題です。

むしろFire HD 8 Plusのカメラは、一昔前の画質レベルなので期待しないほうがいいですし、Fire HD 8 Plusにカメラの性能を求めてはいけません。

以下は、Fire HD 8 PlusとiPhone11で同じものを撮った時の画像です。加工や修正などは一切していません。


Fire HD 8 Plus

 


iPhone11

タブレットとスマホですし、性能も全く違うため一概に正確な比較ができるわけではありませんが、それでも明らかにFire HD 8 Plusのカメラ性能が悪いのがわかります。

色は薄くモヤモヤしており、目で見える文字もつぶれてしまっています。光の立体感もないため一昔前のカメラと言われても納得できるレベルで、写真を撮って楽しむには不向きです。

メモ程度ならいいでしょうが、Fire HD 8 Plusのカメラには期待だけでなく、そもそもカメラがあるタブレットと思って購入しないほうがいいでしょう。

これは、Fire HD 8 Plusだけでなく、Amazon Fireタブレットすべてに当てはまることです。

 

音質

Fire HD 8 Plusの音質は、2つ搭載されているステレオスピーカーからとても良い音が出ます。

動画や音楽を楽しむには十分すぎるほどよい音が出て、音量を上げても割れずに聴くことができます。

タブレットなので深みのあるズッシリとした重低音は出ませんが、高音から中音にかけてとてもバランスのとれたクリアでハッキリとした音が楽しめます。

映画やドラマなどを見るときもFire HD 8 Plusの音は良く、特にDolby Atmosに対応しているため、上下左右の音の方向を楽しみながら動画鑑賞ができます。これは例えば飛行機が右から左に飛んでいったように音が聴こえるもので、より作品にのめり込むことができます。

プライムビデオやNetflixの一部の作品、Amazon Music HDの一部の楽曲でDolby Atmosを使った音の聴き方ができます。

 

一つ注意したいのは、スピーカーの位置とFire HD 8 Plusの向きです。

Fire HD 8 Plusのスピーカーは横画面にした時に上側に来ます。そのため、横向きなら特に問題ないですが、縦向きで使うとスピーカーが左側になるため左右の音のバランスが悪くなり、Dolby Atmosもうまく聴こえません。

イヤホンやヘッドホンをBluetoothやイヤホンジャックで接続するなら関係ないですが、スピーカーで音を出すならFire HD 8 Plusを横向きで使うのがメインとなります。

 

使える動画配信サービス

Fire HD 8 Plusで使える動画配信サービスは、プライムビデオ、Netflix、Hulu、FODです。

  • Amazonプライムビデオ
  • Netflix
  • Hulu
  • FOD

 

プライムビデオは、Fire HD 8 Plusのメニュー画面にあるほどなので、作品を探しやすくすぐに見れるのも特徴です。

Netflix、Hulu、FODに関しては、Amazonアプリストアからアプリをインストールしてログインすれば動画視聴ができます。

 

また、プライムビデオ、Netflix、Youtubeに関しては、ピクチャーインピクチャーという機能が使えます。

これは、Fire HD 8 Plusの画面に小さく別ウィンドウで再生中の動画を表示でき、他の操作やアプリを使いながらでも動画が見れる機能です。

こちらはプライムビデオをピクチャーインピクチャーで見ている時のFire HD 8 Plusのスクショです。

画面の端にそろえるようにどこへでも移動することができ、動画を見ながら電子書籍を見たり、動画を見ながらゲームアプリをしたりといった使い方ができます。

これがとっても便利で、動画となにかを一緒に楽しめます。

プライムビデオを小さく表示し、Netflixを見るといった使い方はできませんでした。

 

 

Fireタブレットには、Google Playをインストールすることでプライムビデオ、Netflix、Hulu、FOD以外の動画配信サービスもインストールができます。

U-NEXT、dアニメストア、テラサ、ディスニープラス、パラビ、DAZNなど様々なアプリをインストールして使えるので、Google PlayをFire HD 8 Plusに入れてもいいかもしれません。

→ 2020年版!FireタブレットでGoogle Playを使う方法!

 

Youtubeの動画が見れる!全画面にも対応

Fire HD 8 Plusでは、Youtubeの公式アプリはインストールできませんが、「Youtube.com」というYoutubeアプリをインストールすることができます。

これはそのまんまYoutubeで、iPhoneやAndroidでYoutubeを使うのと違いはありません。

違うのは「Youtube.com」という名前と、赤ではなく青がメインの色になっていることだけです。その他は実際に使ってみましたが何も問題ありませんでした。

全画面での視聴、縦向き、横向きにも対応、再生中の動画を右側をダブルタップで10秒スキップ、左側をダブルタップで10秒戻るにも対応しています。

 

アプリ一覧に「Youtube.com」とあるかと思います。Amazonアプリストアから無料でインストールができるので、Fire HD 8 PlusでYoutubeを見たい方はダウンロードしておくといいでしょう。

また、プライムビデオやNetflixのようにピクチャーインピクチャーにも対応しているため、Youtubeの動画を再生しながら違うことができるのも特徴です。

これはYoutubeの有料会員であるYoutubeプレミアムでなくても利用できるので、正直iPhoneやAndroidよりも使い勝手良いです。

 

タッチのレスポンス

Fire HD 8 Plusのタッチの操作性、性能は実際に使っていて特に問題ない程度です。

タッチ、スクロール、スライドともにスムーズで、画面がカクカクしたり、もたついたり、反応が悪いということはありませんでした。

 

実際にFire HD 8 Plusを使っている時の画像です。

スクロール、スライド、タッチともにスムーズで使っていてストレスはありません。

画質は意図的に悪くしているためこれがFire HD 8 Plusの画質ではありません。

 

Echo Showモードとワイヤレス充電

Fire HD 8 Plusは、Amazon Fireタブレットの中で唯一ワイヤレス充電器に対応しているタブレットです。

ワイヤレス充電器にFire HD 8 Plusを設置して、Fire HD 8 PlusをEcho Showモードにすることで、タブレットではなくデジタル置き時計のような使い方ができます。

 

Echo Showモードは、AmazonのスマートディスプレイEcho Showと同じように動くモードで、常に設置している置き時計のような感覚で使えます。

また、アレクサをハンズフリーに設定しておくことで、日付、天気予報、ニュース、スケジュール、レシピ、株価などのチェック、動画や音楽の再生、タイマーやアラームの設定、雑談や会話、テレビ電話や他のAmazonデバイスへの連絡など様々な操作を声でお願いするだけでFire HD 8 Plusに搭載されているアレクサが自動でやってくれます。

時計を確認する置き時計のようなイメージで設置でき、できることはそれ以上に最新のデジタル機器となっています。

 

Fire HD 8 PlusをEcho Showモードにするには、画面上部から下へスライドしメニューを出したら、「Showモード」をオンにすることでOKです。

 

また、Fire HD 8 Plus専用のワイヤレススタンドにFire HD 8 Plusを設置するとこのような感じになります。

 

角度はこのくらいです。角度は変えられないですが、タブレットとしても使えるのでとくに不便はありません。

 

Fire HD 8 Plusは、タブレットとしての役割だけでなく、スマートディスプレイとしての役割もできる1台2役のタブレットです。

普段はFire HD 8 Plusで動画や音楽、電子書籍を楽しみ、充電する時はワイヤレス充電器に設置し、Showモードでアラームや日付、天気予報、ニュースの確認などをサクっと行えます。

オススメはベッドの近くに設置することで、タブレットとしてベッドで動画や音楽、電子書籍を楽しみ、寝る前にスタンドに設置して充電しながら寝る。タイマーを設定してFire HD 8 Plusで起き、定形アクションを設定しておけば「アレクサ、おはよう」など設定したフレーズを言うだけで、日付、時間、天気予報、ニュース、株価など自分が自由に設定した情報を一言だけで順番にアレクサが教えてくれます。音楽の再生もできるのでスッキリ元気よく起きるために音楽を流すのもいいでしょう。

Fire HD 8 Plusはワイヤレス充電器と一緒に使うことで、Echo Showモードという新しい使い方ができる1台2役の便利アイテムになるのです。

 

動画の見方

Fire HD 8 Plusは、とてもコンパクトなタブレットでありながら、十分な性能を兼ね備えています。

そのため、Fire HD 8 Plusは、自宅でも、外でも動画を見ることができる万能タブレットです。

 

Fire HD 8 Plusで動画を見るなら、

  • 自宅ではWi-Fi環境で、
  • 外ならダウンロードした動画をオフライン再生で、

楽しめるのでとても使いやすいです。

 

8インチディスプレイは、一人で動画を見るにはちょうどよく、音質画質ともに動画をストレスなく楽しめます。

2人以上で見ようとするとやや画面のサイズが小さく感じるので、Fire HD 8 Plusは一人で自宅の好きな場所で、好きな体勢で動画を見るのに適してます。

また、タブレット全体の中でもFire HD 8 Plusは、小柄な方であるため鞄にしまいやすく、かさばらないのもポイントです。

電車の中でサクッと取り出して小スペースで動画を視聴し、人混みで鞄にしまうのが面倒でもポケットに入れられたり、女性でも無理なく片手で持てるため携帯性がとても良いです。

 

プライムビデオ、Netflix、Huluはダウンロードに対応しており、Fire HD 8 Plusに動画をダウンロードすることができます。

これでWi-Fi環境がなくても外で快適に映画やドラマ、アニメが見れます。

 

Fire HD 8 Plusは、タブレットとスマートディスプレイという1台2役のアイテムでもありますが、タブレットとして使うだけでも家と外の両方に適しているタブレットといえます。

1台持っていて損はないくらい使いやすく、動画、音楽、電子書籍が楽しめるタブレットでオススメです!

 

 

もっとコスパよく、持ち運びに特化したタブレットがいい!という方はFire HD 8のひとつ下のタブレットFire 7がオススメです。

→ Amazon Fire 7をレビュー!コスパ重視の持ち運び用タブレット

 

自宅での動画鑑賞をテレビよりも快適に、スマホよりも大画面で楽しみたい方は、Fire HD 10がオススメです。

→ Fire HD 10をレビュー!大画面タブレットは自宅で大活躍!

オススメの人

Fire HD 8 Plusは、プライムビデオ、Netflix、Hulu、FODを使う人で、家でも外でも動画を見て、基本的に一人で動画鑑賞をする人、さらに、ワイヤレス充電器を活用することで、置き時計感覚の新しい便利デバイスを使いたい人にオススメです。

 

Fire HD 8 Plusは、Fire HD 8 Plusの一つ下のタブレットとなるFire HD 8のワイヤレス充電対応バージョンです。

Fire HD 8とFire HD 8 Plusの明確な違いは、ワイヤレス充電器に対応しているかどうか。(正確にはFire HD 8が2GB RAM、Fire HD 8 Plusは3GB RAMとスペックが良くなっているが、そこまで大きな体感の差はない。)

どちらもEcho Showモードを搭載しているが、Fire HD 8はワイヤレス充電スタンドに対応していないため、ほとんどEcho Showモードを使う機会がありません。

対して、Fire HD 8 Plusは、ワイヤレス充電スタンドを使うことでEcho Showモードを活用でき、置き時計感覚で使えるスマートディスプレイとしても使えます。

この差でFire HD 8とFire HD 8 Plusには、2,000円の違いがあります。

 

「Echo Showモード?置き時計感覚で使えるスマートディスプレイ?そんなの必要ない!」という方は、正直Fire HD 8 Plusではなく、Fire HD 8の方がいいでしょう。性能もほとんど変わらないため、2,000円安くなるのは大きいです。

逆に「Fire HD 8 Plusとワイヤレス充電スタンドを使ってもっと生活を便利にしたい!」という方は、Fire HD 8 Plusの方がオススメです。

 

両者は、どちらも同じ音質、画質のため、動画や音楽を楽しむのに大きな差はありません。

2,000円の差で、タブレットとして使うFire HD 8か1台2役のFire HD 8 Plusのどちらを選ぶかです。

 

また、Fire HD 8 Plusで使える動画配信サービスのメインどころは、プライムビデオ、Netflix、Hulu、FOD、Youtubeです。

パラビ、U-NEXT、TELASA、dアニメストアなどは使えないので、ここは注意が必要です。そのうち対応されることが予想されますので、その時は記事を更新していきます。

 

Fire HD 8のレビューを見たい方はこちら

→ Fire HD 8をレビュー!お値段以上のタブレット完成形だが注意点もあり

 

まとめ

Fire HD 8 Plusは、タブレットとして動画、音楽、電子書籍を楽しむ使い方に加えて、ワイヤレス充電スタンドを使ってEcho Showのようなスマートディスプレイとしても使いたい方にオススメのタブレットです。

1台2役で使えるFire HD 8 Plusは、エンタメを楽しむだけでなく、日々の生活を最新のスマート家電でより便利にすることができます。

 

この記事では、『Fire HD 8 Plusを実際に使ってみてのレビュー』をご紹介しました。

 

Fire HD 8 Plusとその他のFireタブレットを比較して検討したい方は次の記事がおすすめです!

 【2020年版】Fireタブレット4機種の違いを比較レビュー!

この記事の執筆者
なべ
なべ

音楽(洋画・海外ドラマ)、音楽(ポップス、ヒップホップ)が好きな95年生まれ。このサイトVODZOOの姉妹サイト【SOUNDZOO】の運営もしております!

 カテゴリ関連記事