自分に合った動画アプリ(vod)を見つけよう!
  • 掲載記事数 448 記事
  • 作品登録数 8605 作品

Echo Show 5とEcho Show 8の3つの違い!比較レビュー!

更新日:2021年06月10日
Amazon Echo Show 5 Amazon Echo Show 8 厳選
Echo Show 5とEcho Show 8って何が違うの?
どっちがどんな人におすすめなの?
Echo Show 5とEcho Show 8を比較したい

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、実際に使って見て感じた「Echo Show 5とEcho Show 8の違い」を比較レビューしていきます。

 

Echo Show 5もEcho Show 8もどちらも同じようなスマートデバイスですが、実際に使ってみて感じた違いが3つありました。

大きな違いから細かい違いまであるので、チェックしてみてください。

それでは、Echo Show 5とEcho Show 8の違いを一緒に見ていきましょう!

 

Echo Show 5とEcho Show 8の違いとは?

Amazon Echo Show 5とAmazon Echo Show 8を実際に使って比較してみたところ、3つの違いがあります。

  • サイズ
  • 音質
  • 時計の表示

 

実際のところ、Echo Show 5もEcho Show 8もできること、使える機能に大きな違いはありません。

動画も見れて、音楽も聴けて、日付や時間、天気用法、ニュース、レシピなどなどどちらも共通でできることは一緒にですが、実際に使ってみないと分からないような違いがあるのでそれぞれ一つずつ比較していきます

 

サイズ

​​​​​Echo Show 5とEcho Show 8の大きな違いは、サイズにあります。

 
Echo Show 5

Echo Show 8
サイズ 148mm x 86mm x 73mm   200mm x 136mm x 99mm
重量 410g   1,037g    

 

Echo Show 5は、横148mm、縦86mm、奥行き73mm

Echo Show 8は、横200mm、縦136mm、奥行き99mm

 

Echo Show 5とEcho Show 8を並べて正面から見た時が画像です。(左がEcho Show 5、右がEcho Show 8)

Echo Show 5は5.5インチの画面サイズで、とてもコンパクトなサイズ感となっており、スマホを横にしたときと同程度の画面サイズとなっています。

Echo Show 8は8.0インチの画面サイズで、Echo Show 5に比べて画面サイズが大きく、小さ目なタブレット的な画面サイズとなっています。

 

 

Echo Show 5とEcho Show 8を並べて横から見た時が画像です。(左がEcho Show 5、右がEcho Show 8)

Echo Show 5は奥行き73mm、Echo Show 8は奥行き99mmで、横から見ると大きさの差がよくわかります。

画面のサイズだけでなく、奥行きのサイズも気にしないと設置する時に細いところだと置けないので注意が必要です。

また、画像を見るとわかりやすいですが、本体に接続する電源ケーブルが飛び出しています。なので、奥行きサイズにプラス2~3センチほどスペースが必要になります。

 

 

Echo Show 5とEcho Show 8を並べて後ろから見た時が画像です。(左がEcho Show 5、右がEcho Show 8)

Echo Show 5とEcho Show 8のデザインはすべて一緒です。質感や色、形、接続場所などすべて同じなので、Echo Show 5からEcho Show 8に乗り換える人は迷わず使えます。

後ろから見てもサイズ感に大きな違いがあるのがよくわかります。

 

まとめ

Echo Show 5は、コンパクトなサイズなので設置場所に困りませんが、画面サイズが小さいです。

Echo Show 8は、大きな画面で見やすいですが、設置スペースを大きく取ってしまいます。

 

音質

​​​​​Echo Show 5とEcho Show 8の次の違いは、音質にあります。

 
Echo Show 5

Echo Show 8
スピーカーサイズ 1.65インチ 4W スピーカー    

2.0インチ 10Wスピーカー x 2

パッシブ低音ラジエーター    

 

Echo Show 8は、Echo Show 5よりもサイズが大きい分、搭載しているスピーカーが大きく数が多くなっています。

また、パッシブ低音ラジエーターをEcho Show 8は搭載しているので、Echo Show 5よりも重低音がより綺麗に響くようになっています。

 

こちらは、Echo Show 5で3分の1程度の音量で音楽を聴いている時の画像です。

自分の目の前にある机にEcho Show 5を置いて、この音量で音楽を再生すると相当音が大きく感じます。

そして、4W(ワット)スピーカなので音のゆがみや重低音の割れが気になってしまい、「うるさい」と感じるくらいの音量です。この半分くらいの音量が音のゆがみや割れがなくいい感じに音楽が聴けます。

Echo Show 5はコンパクトながら搭載しているスピーカーも強力なものではないので、大きな音量には適していません。こじんまりと設置場所の半径1mくらいで使うイメージがいいと思います。

 

 

こちらは、Echo Show 8で3分の1程度の音量で音楽を聴いている時の画像です。

Echo Show 8でこのレベルの音量で聴いても音は相当大きいと感じます。

しかし、10Wスピーカーを搭載しているので、音量が大きくなっても音のゆがみや割れを気になりません。

むしろ、この音量でこの距離感では若干音は大きいですが、耳障りな「うるさい」ではなく、大きな音量で音楽を聴く分にはぜんぜんありなレベルです。

また、パッシブ低音ラジエーターもいい感じに重低音を響かせてくれて、Echo Show 5では味わえない音質がEcho Show 8では味わえます。

Bluetooth接続もできるので、スマホの音楽をEcho Show 8のスピーカで聴く使い方もできます。

 

まとめ

Echo Show 5は、時間や天気予報、ニュースなどを確認するスマートディスプレイとしての使い方がメインであり、音楽を聴くことをメインに選ぶものではありません。

対してEcho Show 8は、Echo Show 5よりも質の高いスピーカを搭載しているので、音楽も十分楽しめる音質になっています。動画の音量も大きめにして複数人でみる使い方にも適しています。

しかし、1点注意したいのはどちらもDolby Audioに対応していないので、立体感ある音は体感できません。

 

時計の表示

​​​​​Echo Show 5とEcho Show 8の次の違いは、時計の表示です。

 
Echo Show 5

Echo Show 8
時計の表示 全画面と画面端

画面端

Echo Show 5とEcho Show 8を実際に使い比べてみて気が付いたことです。

 

Echo Show 5では、画面全体に大きな文字で時間が表示されます。

スマホの画面全体にこのくらいの比率で時間が出ていたら結構見やすいですよね?そんなイメージです。

 

対してEcho Show 8は、画面の端に常時時計が表示されます。

 

このとても小さな違いですが、使っているとけっこう気になります。

やはり、スマートディスプレイなのだから時間の確認は必須でできて当たり前だし、見やすくて当たり前なんです。

Echo Show 5なら全画面に時計が表示されるので、ちらっと視界に入るだけでも時間が直感的に把握しやすいのですが、Echo Show 8は、常に画面の左上に小さめに表示されるので意外と見にくいんですね。

遠目から見たり、天気予報やニュースが表示されているとより見にくく感じます。

もともとEcho Show 5よりも画面が大きめなので文字サイズも大きいですが、全画面で時間を表示してくれればいいのになと。

 

おすすめはどっち?おすすめじゃない人は?

Echo Show 5とEcho Show 8のどっちがどんな人にオススメなのか?まとめました。

 
Echo Show 5

Echo Show 8
オススメの人
  • 時計、天気予報、ニュースがメイン
  • 一人暮らし
  • Echo Show 5からの乗り換え
  • 動画や音楽も見る
  • 家族で

Echo Show 5とEcho Show 8を実際に使ってみて感じたオススメの人です。

 

Echo Show 5は、コンパクトな画面と設置場所が小さくて済むことが何よりのポイントです。

時計や天気予報、ニュースなどの情報をいちいちスマホを見て確認するのではなく、常に確認できるディスプレイを家に1個置いておくだけでとても楽です。

動画や音楽を聴くのにはあまりオススメできません。スマホで聴いても大差ありませんし、使い慣れているスマホを聞いた方が使いやすいでしょう。

一家に一台時計があるような感覚で、Echo Show 5が一台あればより情報にアクセスしやすくなります。

 

Echo Show 5をもっと詳しく知りたい人は、次の記事がおすすめです。

→ Amazon Echo Show 5ができること!7つの機能が超便利!

→ Echo Show 5レビュー!使うメリットやデメリット、他との違いとは?

 

 

Echo Show 8は、大きな画面とEcho Show 5よりも質のいい音質がポイントです。

画面サイズとスピーカーはEcho Show 5よりもレベルアップしているので、動画は見やすく、音が聴きやすく使えます。映画、ドラマ、Youtube、音楽がより楽で便利に聴けます。時間、天気予報、ニュースだけでないのがEcho Show 8の特徴でもあります。

Echo Show 5を使っていて満足しているならEcho Show 8に乗り換えたり、もう一台家に設置してよりスマートホーム化するのもオススメです。

しかし、Echo Show 5のような全画面表示の時計が気に入っている人は注意しましょう。

 

Echo Show 8についてもっと中身を知りたい人は、こちらがオススメです。

→ Echo Show 8レビュー!できること、使い方、設定【完全ガイド】

 

まとめ

Echo Show 5とEcho Show 8の違いとは?

 
Echo Show 5

Echo Show 8
サイズ 148mm x 86mm x 73mm   200mm x 136mm x 99mm
重量 410g   1,037g    
スピーカーサイズ 1.65インチ 4W スピーカー    

2.0インチ 10Wスピーカー x 2

パッシブ低音ラジエーター    

時計の表示 全画面と画面端

画面端

オススメの人
  • 時計、天気予報、ニュースがメイン
  • 一人暮らし
  • Echo Show 5からの乗り換え
  • 動画や音楽も見る
  • 家族で

 

この記事では、実際に使って見て感じた「Echo Show 5とEcho Show 8の違い」を比較レビューしました。

 

Echo Show 5、Echo Show 8の購入を考えているなら、スタンドも必須です!

本体のみでは画面の角度を調整できないですが、このAmazon純正のスタンドがあれば好きな角度に調整してEcho Show 5、Echo Show 8が使えます

実際に使ってレビューしました。

【レビュー】Echo Show 5と8で使えるAmazon純正スタンドが便利すぎる!

 

Echo Show 5とEcho Show 8の関連記事

【留守でも安心!】Echo Show 5,8を監視カメラとしてスマホで見る方法!注意点と使うデータ通信量とは?

→ Echo Show 5と8の電気料金を測定!1ヶ月つけっぱで電気代いくら?

 

この記事の執筆者
なべ
なべ

音楽(洋画・海外ドラマ)、音楽(ポップス、ヒップホップ)が好きな95年生まれ。このサイトVODZOOの姉妹サイト【SOUNDZOO】の運営もしております!

 カテゴリ関連記事