自分に合った動画アプリ(vod)を見つけよう!
  • 掲載記事数 336 記事
  • 作品登録数 6383 作品

コードレスに!Echo Show 5用のバッテリー付スタンドを実機レビュー!

更新日:2020年11月09日
Echo Show 5
Echo Show 5のコードが気になる!コードレスにできないの?
Echo Show 5を便利にする周辺機器ってないの?
Echo Show 5用のおすすめスタンドを知りたい!何かいいのない?

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、『Echo Show 5用のバッテリー付きスタンド』を実機レビューでご紹介していきます。

 

このスタンドを使うことで、Echo Show 5をコードレスで使えるようになり、電源の抜き挿しをいちいちすることなくどこへでもEcho Show 5を持ち運べるようになります。

実際にこのバッテリー付きスタンドを使ってみて、Amazon純正のスタンドよりも使い勝手が良かったです!

Echo Show 5用のバッテリー付きスタンドを一緒に見ていきましょう!

 

Echo Show 5用のバッテリー付きスタンドを実機レビュー!

Echo Show 5をコードレスで使うことができるスタンドが、このGGMM Echo Show 5用バッテリースタンドです。


Echo Show 5用バッテリー付きスタンド

Echo Show 5は、基本的にコードを電源に接続して使うため、Echo Show 5は常にケーブルにつながっている状態になります。

そのため、ケーブルが邪魔になったり、移動するには電源の抜き挿しをするのでEcho Show 5の再起動を待つのが面倒でもありました。

しかし、このバッテリー付きスタンドを利用すれば、Echo Show 5をコードレスで使うことができるのです!

 

以下の画像は、スタンドの全面です。


Echo Show 5用バッテリー付きスタンド

 

バッテリー付きスタンドの背面は以下の画像です。


背面

スタンドの下部にはバッテリーが搭載されており、ケーブルをEcho Show 5に接続すると、Echo Show 5がバッテリーを利用して起動します。

スタンドを使うには充電が必要で、Echo Show 5のケーブルを使ってスタンドの充電ができます。

また、USBを接続すれば、スマホやタブレットなどの充電も可能となっています。

 

バッテリーは、10,000mAhのリチウムイオン電池を搭載しています。

Echo Show 5の音量100%で音楽を再生し続けると約8時間、音量50%で約9時間、Echo Show 5をただ起動しているだけで約11時間使うことができます。

スタンドの充電は、ゼロからフル充電するのに約6時間かかります。

 

説明書も同封しており、日本語での解説がされています。


日本語での説明書

 

スタンド自体のバッテリーは、本体下部のタイトで確認できます。


スタンドの充電を確認できるライト

ライトの横にあるボタンを長押しすることで、接続されているEcho Show 5をOFFにできます。

このスタンドの下にあるバッテリー部分の高さは、約2.5センチです。

 

このバッテリー付きスタンドは、Echo Show 5の画面の角度を上下に調整でき、以下の画像は、画面を一番地面側に向けた時のものです。


Echo Show 5の画面角度の調整が可能

 

画面を一番天井川に向けた時のものが、以下の画像です。


Echo Show 5の画面角度の調整が可能

Echo Show 5の画面角度を調整できるので、カメラの向きを調整したり、座っている時、経っている時など状況に合わせて見やすい画面角度に調整できて便利です。

 

Echo Show 5をスタンドに設置した時の画像です。


Echo Show 5にスタンドを設置

スタンドのカラーは黒のみで、Echo Show 5を設置しても違和感ない作りになっています。

 

Echo Show 5を実際に設置した時の背面です。


Echo Show 5にスタンドを設置(背面)

スタンドから出ているコードをEcho Show 5に接続すればOKです。

これでEcho Show 5が起動するので、どこへでも持ち運びでき、電源を付けたり消したりせずにEcho Show 5を使えます。

 

Echo Show 5とスタンドはマグネットでしっかりと付くようになっています。


マグネットでしっかりと装着

そのため、Echo Show 5だけを持ってもスタンドが外れることはありませんでした。

また、Echo Show 5を逆さにしてスタンドだけを持ってもEcho Show 5は外れませんでした。しっかりとした装着具合ですが、念の為あまりおすすめはしません。

 

スタンドのコードは、とてもシンプルでスッキリとしています。

以下の画像は、Echo Show 5の画面角度を最も上向きにしたときです。


Echo Show 5を上向き(背面)

以下の画像は、Echo Show 5の画面を下向きにした時の背面の画像です。


Echo Show 5を下向き(背面)

スタンドのコードは無理なく邪魔にならない長さで、Echo Show 5をコードレスで利用できます。

 

実際にアレクサを使って音楽を再生したのが以下の画像です。


アレクサを使って音楽再生

アレクサもしっかりと起動し、音楽も通常通り再生することができました。

 

Amazon純正スタンドと比較

Echo Show 5には、Amazon純正のスタンドも販売されています。


左がバッテリー付スタンド、右がAmazon純正

Amazon純正のEcho Show 5スタンドは、角度調整だけができるようになったスタンドです。

そのため、コードレスでEcho Show 5を使うことはできません。

バッテリー付きスタンドは、スタンドの下部にバッテリーが搭載されているため、Amazon純正よりも約2.5センチ高くなっています。

 

以下の画像は、スタンドの背面です。


左がバッテリー付スタンド、右がAmazon純正

バッテリー付きスタンドは、Echo Show 5をコードレスにできるだけでなく、USBを使ってスマホやタブレットなどの充電も可能としています。

 

バッテリー付きスタンドの方が約2.5センチ高く、全体で約5センチの高さになります。


左がバッテリー付スタンド、右がAmazon純正

 

バッテリー付きスタンド、Amazon純正スタンドのどちらもEcho Show 5の画面角度を上下に調整できます。

角度できる調整は、Amazon純正の方が角度が広く、Echo Show 5の画面向きを大きく調整できるようになっています。


バッテリー付きスタンドの最大下方向への角度

 


Amazon純正の最大下方向への角度

 


バッテリー付きスタンドの最大上方向への角度

 


Amazon純正の最大上方向への角度

上方向へEcho Show 5の画面角度を調整できるのはAmazon純正です。

バッテリー付きスタンドも上方向への角度調整は可能ですが、Amazon純正より角度は狭くなります。

 

バッテリー付きスタンドは、Amazonで3,980円

Amazon純正スタンドは、Amazonで1,980円

値段を比較すると、Amazon純正スタンドの方がお買い得感がありますが、3,980円でバッテリー付きの角度調整ができるスタンドを手に入れられると考えると、圧倒的にバッテリー付きスタンドの方がコスパ良いです!

なんと言っても、Echo Show 5をコードレスで、起動したまま持ち運べるという点はポイント高く、Echo Show 5をより便利に使える最もオススメの便利グッズです。

Echo Show 5ユーザーなら、バッテリー付きスタンドは必須といってもいいでしょう。それくらい価値ある周辺機器です!

 

 


Amazon純正のスタンドは次の記事で解説しています。

 レビュー!Echo Show 5と8で使えるAmazon純正スタンドが便利すぎる!

 

キャンペーン情報

Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコールは現在キャンペーン中でお得に50%OFFで購入が可能です。

期間限定で2020年12月01日までですので、期限を過ぎてしまうとEcho Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコール を購入するには、今までの値段になってしまうため、気になっていた方はこの機会に購入するのもオススメです!

キャンペーン情報

Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、サンドストーンは現在キャンペーン中でお得に50%OFFで購入が可能です。

期間限定で2020年12月01日までですので、期限を過ぎてしまうとEcho Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、サンドストーン を購入するには、今までの値段になってしまうため、気になっていた方はこの機会に購入するのもオススメです!

この記事の執筆者
なべ
なべ

休日には映画を見て、時間がある時はドラマを見て、ひとりでいる時は音楽を聴いている趣味「エンタメ」な人間です! また、動画配信アプリは11個、音楽配信アプリは12個登録して使い比べている「エンタメアプリオタク」でもあります。

 カテゴリ関連記事