自分に合った動画アプリ(vod)を見つけよう!
  • 掲載記事数 412 記事
  • 作品登録数 8257 作品

画面を録画!Androidでキャプチャする方法

更新日:2021年07月01日
Android
Androidで画面を録画したい!どうやってやるの?
Androidスマホのキャプチャ設定を教えてほしい!
Androidの画面録画は、音声もできる?

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、『Androidで画面キャプチャをする方法』についてご紹介していきます。

 

Androidでは、画面を録画するスクリーンレコーダーに対応しています。

今Androidで操作している画面を録画でき、動画として保存ができる機能です。

Androidでの画面キャプチャについて一緒に見ていきましょう!

 

画面をキャプチャする方法

Androidで画面を録画するには、最初に設定をする必要があります。

 

まず、Androidの画面上部から下へスワイプして、通知画面を表示します。

この時、2段階で下にスワイプする必要があり、通知画面が画面いっぱいになるまで開きます。


通知画面

 

通知画面が開いたら、次に、画面の左側にある「鉛筆」のアイコンをタップします。

これで画面キャプチャをする設定をしていきます。


編集アイコン

 

通知画面の編集が出てきたら、画面を下へスライドします。

次に、「スクリーンレコーダー」というアイコンを長押して、上部のエリアへ移動します。


スクリーンレコーダーを移動

 

これで、画面録画ができる「スクリーンレコーダー」の機能を通知画面へ設定することができました。

通知画面を開き、6つ並んでいるアイコンを左へスライドすると、その中に「スクリーンレコーダー」のアイコンがあります。


通知画面にスクリーンレコーダーを追加

 

もしも、スクリーンレコーダーのアイコンを、通知画面のはじめの方に表示したいなら、

先ほどスクリーンレコーダーを追加して編集画面を開き、アイコンを長押して上部で持っていってください。


アイコンを上部に移動ですぐに起動可能

 

通知画面にある「スクリーンレコーダー」のアイコンをタップすると、録画設定の画面が表示されます。


画面録画の設定

設定は、2つあります。

1つ目は、音声の設定です。

Androidのマイクで拾った音のみを録音するか、デバイスで再生されている音声のみか、その両方かの設定です。

ちなみに、NetflixやHuluなど動画アプリの画面を録画することは、アプリ側で制限されているのでできないことが多いです。


音声設定

 

2つ目の設定が、タッチした指を表示するかどうかの設定です。

以下の画像のような感じで画面を録画でき、タッチしている部分がしっかりとわかります。


タッチポイントの設定

 

設定が完了したら、「開始」をタップすると録画が開始されます。

注意したいのは、「開始」をタップしてから約3秒後に録画が開始されるので、少し待ってから画面を操作するようにしましょう。


開始

 

録画中は、画面上部に「二重丸」のようなアイコンが出ています。

これが出ているときは、画面の録画中ということになります。


画面の録画中

 

録画を止めるには、通知画面を開いて、「タップして停止」を選択すると録画が止まります。


通知画面から録画を止める

 

キャプチャした動画の編集

Androidでキャプチャした動画は、Androidの端末に保存されます。

Googleフォトのアプリから録画した動画を編集することもでき、動画のトリミングや切り抜きができます。

 


キャプチャ動画の長さ調整

 


キャプチャ動画の切り抜き(トリミング)

 

Googleフォトは、無料で15GB使用できる写真・動画管理アプリです。

Androidの方は、Googleフォトを使用すると画面録画や写真のバックアップもスムーズに使えるので便利です。

しかし、15GB以上は有料になるので、編集は料金はかからないので、インストールしておくだけでもよいでしょう。

 

GoogleフォトをGoogle Play Storeで見る

 

iPhoneとの違い

iPhoneにも画面を録画する機能はあります。

以下のような感じで、iPhoneで操作する画面のキャプチャが可能です。


iPhoneの画面録画

 

しかし、Androidと違うのは、iPhoneの場合、タッチしている指を表示をすることができません。

なので、画面録画を使ってなにかを説明したりするときは、Androidのほうがわかりやすさはあります。


タッチしている指が表示されるAndroid

 

この記事の執筆者
なべ
なべ

休日には映画を見て、時間がある時はドラマを見て、ひとりでいる時は音楽を聴いている趣味「エンタメ」な人間です! また、動画配信アプリは11個、音楽配信アプリは12個登録して使い比べている「エンタメアプリオタク」でもあります。

 カテゴリ関連記事