自分に合った動画アプリ(vod)を見つけよう!
  • 掲載記事数 336 記事
  • 作品登録数 6383 作品

NHK大河ドラマシリーズの動画を最安値、無料で見る方法を比較!

更新日:2020年03月26日
NHK オンデマンド
【NHK大河ドラマ】が一番お得に動画が見れる動画配信サービスはどれ?
【NHK大河ドラマ】の動画が見たいんだけど、無料で見ることってできないかな?
【NHK大河ドラマ】の動画を全部一気に見たい!

そんな思いを持っているあなたのために、
この記事では、NHK大河ドラマシリーズが一番お得に見れる動画配信サービスをご紹介していきます。

動画を無料で見れるのか、料金はかかるのか、なども一緒に解説していきます。

この記事が見終わった後にはNHK大河ドラマシリーズを見始めていることでしょう。

NHK大河ドラマシリーズの動画視聴はできる?

NHK大河ドラマシリーズは全部で42作品あります。
また、NHK大河ドラマシリーズの動画をどこで見ることができるのか、16つのVOD(動画配信サービス)を調査しました。
動画配信サービスには無料お試し期間があるサービスもありますので、お得に観られる方法もあります。無料期間合わせてチェックしてみてください。

以下16つが今回調査したVODです。

  • Netflix
  • dTV
  • U-NEXT
  • Hulu
  • DAZN
  • Amazon プライム・ビデオ
  • TERASA(テラサ)
  • TSUTAYA TV
  • paravi
  • FODプレミアム
  • dアニメストア
  • AbemaTV
  • ディズニープラス
  • TSUTAYA DISCAS
  • watcha
  • DMM DVDレンタル
作品名 hulu Amazon Prime Video netflix u-next paravi fod dtv dtv disney-plus d-anime abema_tv tsutaya_tv tsutaya_discas
獅子の時代 1980年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
おんな太閤記 1981年 未配信 レンタル 未配信 レンタル 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
峠の群像 1982年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
徳川家康 1983年 未配信 レンタル 未配信 レンタル 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
山河燃ゆ 1984年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
春の波涛 1985年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
いのち 1986年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
独眼竜政宗 1987年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
武田信玄 1988年 未配信 レンタル 未配信 レンタル 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
春日局 1989年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
翔ぶが如く 1990年 未配信 レンタル 未配信 レンタル 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
太平記 1991年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
信長 1992年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
花の乱 1994年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
八代将軍吉宗 1995年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
秀吉 1996年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
毛利元就 1997年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
徳川慶喜 1998年 未配信 レンタル 未配信 レンタル 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
元禄繚乱 1999年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
葵徳川三代 2000年 未配信 レンタル 未配信 レンタル 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
北条時宗 2001年 未配信 レンタル 未配信 レンタル 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信
利家とまつ・加賀百万石物語 2002年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
武蔵 MUSASHI 2003年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信
新選組! 2004年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
義経 2005年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
功名が辻 2006年 未配信 レンタル 未配信 レンタル 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
風林火山 2007年 未配信 レンタル 未配信 レンタル 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
篤姫 2008年 未配信 レンタル 未配信 レンタル 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信
天地人 2009年 未配信 レンタル 未配信 レンタル 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信
龍馬伝 2010年 未配信 レンタル 未配信 レンタル 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
江・姫たちの戦国 2011年 未配信 レンタル 未配信 レンタル 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信
平清盛 2012年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
大河ドラマ 八重の桜 2013年 未配信 レンタル 未配信 レンタル 未配信 配信中 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
軍師官兵衛 2014年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
花燃ゆ 2015年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
真田丸 2016年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
おんな城主直虎 2017年 未配信 レンタル 未配信 レンタル 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 レンタル中
西郷どん 2018年 未配信 レンタル 未配信 レンタル 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信
いだてん〜東京オリムピック噺〜 2019年 未配信 レンタル 未配信 レンタル 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信
麒麟がくる 2020年 未配信 レンタル 未配信 レンタル 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信
青天を衝け 2021年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信
鎌倉殿の13人 2021年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信

NHK大河ドラマの視聴率

NHK大河ドラマ視聴率ランキング一覧を以下にまとめました。

順位 作品名 平均視聴率 最高視聴率
1位 独眼竜政宗 39.7 % 47.8 %
2位 武田信玄 39.2 % 49.2 %
3位 春日局 32.4 % 39.2 %
4位 おんな太閤記 31.8 % 36.8 %
5位 徳川家康 31.2 % 37.4 %
6位 秀吉 30.5 % 37.4 %
7位 いのち 29.3 % 36.7 %
8位 八代将軍吉宗 26.4 % 31.4 %
9位 太平記 26.0 % 34.6 %
10位 信長 24.6 % 33.0 %
11位 篤姫 24.5 % 29.2 %
12位 峠の群像 23.7 % 33.8 %
13位 毛利元就 23.4 % 28.5 %
14位 翔ぶが如く 23.2 % 29.3 %
15位 利家とまつ・加賀百万石物語 22.1 % 27.6 %
16位 天地人 21.2 % 26.0 %
17位 徳川慶喜 21.1 % 29.7 %
18位 山河燃ゆ 21.1 % 30.5 %
19位 獅子の時代 21.0 % 26.7 %
20位 功名が辻 20.9 % 24.4 %
21位 元禄繚乱 20.2 % 28.5 %
22位 義経 19.5 % 26.9 %
23位 風林火山 18.7 % 22.9 %
24位 龍馬伝 18.7 % 24.4 %
25位 北条時宗 18.5 % 21.2 %
26位 葵徳川三代 18.5 % 22.6 %
27位 春の波涛 18.2 % 24.7 %
28位 江・姫たちの戦国 17.7 % 22.6 %
29位 新選組! 17.4 % 26.3 %
30位 武蔵 MUSASHI 16.7 % 24.6 %
31位 真田丸 16.6 % 20.1 %
32位 大河ドラマ 八重の桜 16.4 % 21.4 %
33位 軍師官兵衛 15.8 % 19.4 %
34位 西郷どん 15.5 % 12.7 %
35位 麒麟がくる 15.3 % 19.1 %
36位 花の乱 14.1 % 18.3 %
37位 おんな城主直虎 12.8 % 16.9 %
38位 平清盛 12.0 % 17.8 %
39位 花燃ゆ 12.0 % 16.7 %
40位 いだてん〜東京オリムピック噺〜 8.3 % 15.5 %
※ 各作品の動画の視聴方法は、作品名をクリックすると見れます。
※ 視聴率はビデオリサーチ調べ

調査の結果、2020年03月現在、NHK大河ドラマ シリーズの動画を見るのに最もお得でオススメなのはtsutaya_tvで、次にamazon_prime_videou_nextの順でオススメです。

NHK大河ドラマシリーズ おすすめVODランキング
月額1,026円 月額500円 月額2,189円
無料体験はこちら 無料体験はこちら 無料体験はこちら

なぜ? NHK大河ドラマシリーズを見るのにTSUTAYA TVがオススメなのか?

  • 2020年03月現在、最安値でより多くの作品名シリーズの動画を見ることができるから
  • 違法動画サイトは危険だから

NHK大河ドラマシリーズを見るのになぜTSUTAYA TVが一番オススメなのかというと、

日本国内の主要VOD(動画配信サービス)16つを調査した結果、一番安い料金かつ一番多くの作品名シリーズの動画を配信しているためです。
NHK大河ドラマシリーズには何作品ものエピソードがあります。NHK大河ドラマ シリーズの動画を最大限楽しむために、安さと配信状況を考えると、TSUTAYA TVが一番オススメです。


また、違法な動画サイトで作品名シリーズを視聴するのは危険が潜んでいます。
違法で動画が見れるサイトだからこそ個人情報の流出、インカメラでの盗撮、スマホやパソコンへの侵入や遠隔操作などリスクがたくさんあります。
それに、動画をいい画質で見れなかったり、ちゃんとした音声で見れないなど映画やドラマ、アニメなどを楽しめないことにもつながってストレスです。
なので、公式の映像が見れる国内主要16つのVODを選定し、NHK大河ドラマシリーズを安全に視聴できる点も考えています。

NHK大河ドラマシリーズをより多く、より安くお得に、より安全に楽しめる最もオススメなのがTSUTAYA TVです!


今すぐNHK大河ドラマ シリーズの動画を見たい方は、一番お得に見れる【NHK大河ドラマシリーズの動画を見る 】から動画が見れます。

NHK大河ドラマシリーズのおすすめNO.1【TSUTAYA TV】

TSUTAYA TVは、月額1,026円から配信している動画(NHK大河ドラマシリーズの動画も含めて)を見放題で見れます。

TSUTAYA TVの料金プラン
月額1,026円

TSUTAYA TVは、スマホやタブレットに動画をダウンロードすることでオフラインでの視聴に対応しています。

また、ChromecastやAmazon Fire TV Stickシリーズを利用することで、テレビで動画を見ることもできます。

さらに、月額1,026円で毎月1,100円分のポイントがもらえます。これは見放題作品以外のレンタル作品に利用でき、最新の作品がレンタルできます。

TSUTAYA TVの機能
  • 動画のダウンロード
  • スマホ、タブレット、パソコン、テレビに対応
  • 毎月1,100ポイントもらえる

TSUTAYA TVは、最初の30日間は無料で使えます。

NHK大河ドラマシリーズシリーズの動画を無料でフル再生でき、動画をダウンロードしてオフライン再生もできます。

無料体験は、30日以内に解約すれば料金はかからずやめることができます。

TSUTAYA TVの無料体験
  • 30日間無料
  • いつでもキャンセルOK
  • 無料体験期間内に解約で月額料金は発生しない

NHK大河ドラマシリーズの動画をTSUTAYA TVで無料で見るなら、こちらTSUTAYA TVを無料で使う のTSUTAYA TV公式サイトから今すぐ始められます。

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV

NHK大河ドラマシリーズのおすすめNO.2【Amazon プライム・ビデオ】

Amazon Prime Videoは、月額500円で配信している動画(NHK大河ドラマシリーズの動画も含めて)を見放題で見れます。

Amazon Prime Videoの料金プラン
一般 月額500円
年額4,900円
学生 月額250円
年額2,450円

Amazon Prime Videoは、動画をスマホやタブレットにダウンロードすることで、オフラインで動画を見ることができます。

何台でもPrime Videoは使うことができ、同時に3台でデバイスで動画を見ることができるので、家族でPrime Videoのアカウントをシェアして見る使い方もできます。

また、Prime Videoには作品をレンタルできるので、他のVOD(動画配信サービス)では見れないような人気作、最新作をレンタルして見ることもできます。

Amazon Prime Videoの機能
  • 動画のダウンロード
  • ダウンロードできるデバイスは2台
  • 同時に視聴できるデバイスは3台
  • オフライン再生と併用で5台同時視聴
  • レンタルもできる

Amazon Prime Videoは、無料で体験することができます。

一般の方は30日間、学生の方は6ヶ月間無料で動画が見放題できるので、NHK大河ドラマシリーズの動画を無料でたくさん見てください!

いつでもキャンセルでき、体験期間内に解約すれば料金は発生しません。

Amazon Prime Videoの無料体験
  • 一般の方は30日間
  • 学生の方は6ヶ月
  • いつでもキャンセルOK
  • 無料体験期間内に解約で月額料金は発生しない

NHK大河ドラマシリーズの動画をAmazon Prime Videoで無料で見るなら、こちらAmazon Prime Videoを無料で使うのAmazon Prime Video公式サイトから今すぐ始められます。

NHK大河ドラマシリーズのおすすめNO.3【U-NEXT】

U-NEXTは、月額2,189円で配信している動画(NHK大河ドラマシリーズの動画も含めて)を見放題で見れます。

U-NEXTの料金プラン
月額2,189円

U-NEXTには、動画のダウンロード機能があり、スマホやタブレットで動画をオフライン再生で見れます。

NHK大河ドラマシリーズの動画をいつでもどこでも見れるので、サクサク見ていくことができます。 U-NEXTは、動画をダウンロードしてオフライン再生ができます。

NHK大河ドラマシリーズの動画をオフラインで見れるので、いつでもどこでも見れてサクサク見ていくことができます。

また、毎月もらえる1,200円分のポイントを使えば、他のVOD(動画配信サービス)では配信されていない人気の作品や新作がレンタルで見れます。

見放題作品とレンタル作品が追加料金なしで見れるU-NEXTを使えば、NHK大河ドラマシリーズの動画も見れます。

U-NEXTの機能
  • 動画のダウンロード
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる
  • 追加料金なしでレンタル作品が見れる

U-NEXTは、初回30日間無料で動画が見放題でき、今無料体験を始めれば特典でポイントももらえるのでレンタル作品も無料で見れます。

無料体験は、30日以内に解約すれば月額料金が発生することはありません。

無料でNHK大河ドラマシリーズの動画も見れます。

U-NEXTの無料体験
  • 30日間無料
  • いつでもキャンセルOK
  • 無料体験期間内に解約で月額料金は発生しない
  • 特典でポイントももらえる

NHK大河ドラマシリーズの動画をU-NEXTで無料で見るなら、こちらU-NEXTを無料で使うのU-NEXT公式サイトから今すぐ始められます。

U-NEXT

まとめ

NHK大河ドラマシリーズの動画を見るのに、一番オススメのVOD(動画配信アプリ)は、TSUTAYA TVです。

TSUTAYA TVが一番オススメな理由は、たった1つです。

NHK大河ドラマシリーズの各エピソード、各シリーズの動画を一番安く、一番多い数の動画を見ることができるから

TSUTAYA TVには、無料体験があります。

いつでもキャンセルができ、無料体験期間の間に解約することで月額料金は発生しません。

まずは、無料体験で作品名シリーズの動画を時間が許す限り思う存分楽しんでください!
無料体験はこちら

この記事では、「NHK大河ドラマシリーズの動画を見る方法まとめ」をご紹介しました。

NHK大河ドラマシリーズあらすじ一覧

麒麟がくる

NHK オンデマンド

応仁の乱後の荒廃した世の中。東西の要衝たる美濃の地に、1人の若き虎・明智十兵衛光秀がいた。周囲を尾張の織田、駿河の今川、越前の朝倉に囲まれ、常に攻め込まれる危険を抱えた美濃で、彼の戦略的才能は土岐家の筆頭家臣・斎藤利政の目に留まり…。

↓↓↓麒麟がくるの配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

軍師官兵衛

配信なし

稀代の天才軍師・黒田官兵衛。信長、秀吉、家康の三英傑に重用されながらも、あり余る才能のため警戒され、秀吉には「次の天下を狙う男」と恐れられた。“人は殺すよりも使え”。戦国乱世にあって一風変わった男。側室を持たずただ一人の妻と添い遂げた律儀な男…。群雄割拠の戦国を見事に生き抜き“生き残りの達人”と讃えられた軍師・黒田官兵衛の鮮烈な生涯。乱世の終焉(えん)を壮大に描く戦国時代劇。大河ドラマ53作品目。

↓↓↓軍師官兵衛の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

いだてん〜東京オリムピック噺〜

NHK オンデマンド

物語は1959年、インフラ整備が進む五輪招致目前の東京の寄席で開かれた古今亭志ん生による「オリンピック初参加にまつわる噺」で始まる。さかのぼること50年前の1909年、東京。柔道の創始者・嘉納治五郎は「スポーツ」という言葉すら知られていない時代に日本初のオリンピック選手派遣に向けて悪戦苦闘の末、選手選考会を開催。東京高等師範学校の学生・金栗四三がマラソンで日本人初のオリンピック出場権を勝ち取る。 熊本の山間にある農村で生まれ育った四三は、幼いころ学校まで往復12キロを走る「いだてん通学」で虚弱体質を克服し脚力を身に着ける。中学校卒業後は海軍兵学校進学を志望するも不合格。幼なじみの春野スヤに励まされて気持ちを切り替え、憧れの嘉納治五郎が校長を務める東京高等師範学校へ進学する。慣れない東京で学生生活を送るある日、街中を疾走する集団・天狗倶楽部に遭遇した四三は初めて「マラソン」を知り衝撃を受ける。徒歩部に入部し益々走ることに夢中になる四三はオリンピックのマラソン選考会の参加募集を知り出場、日本では前代未聞の長距離かつ悪天候で多くの脱落者が発生するなか優勝する。代表選手に内定した四三は、国の代表という重圧や旅費の自己負担などに戸惑い悩む日々を送るが、嘉納の説得、仲間たちの応援、兄・実次の尽力に助けられ、前向きに練習を重ねていく。1912年5月16日、四三は選手団長の嘉納が出国できないトラブルの中、監督の大森兵蔵と妻の安仁子、短距離走代表の三島弥彦の3人と共に開催地であるストックホルムへ出発する。現地に到着した4人は、長い旅路での疲労、兵蔵の病臥、不慣れな白夜、沈鬱した弥彦の自殺未遂騒動といったアクシデントが続き困憊するが、四三の叱咤激励と協力で弥彦は立ち直り、兵蔵も快方に向かい、嘉納も遅れて合流する。こうして迎えた開会式、四三のこだわりで「NIPPON」と表記したプラカードを掲げ日本選手団は入場。100m走に臨んだ弥彦は予選敗退したものの、自己ベストを更新。400m予選では準決勝に進出するが、外国人選手との格段な実力の差を悟り力尽きた弥彦は勝利を四三に託し棄権する。そして長距離走に出場した四三は、途中足の痛みや苦しさを感じながらも応援してきた仲間や幼き日の自身の幻影に励まされ20位まで順位を上げていく。しかし、多くの脱落者が発生するほどの猛暑により四三も日射病を発症し、道を誤り辿り着いた民家で失神。ガイドと公使の判断でそのまま宿舎へ戻り、ゴール出来ずに終了する。 一方、語り部である志ん生こと美濃部孝蔵の若き日々も並行して描かれる。浅草を拠点に自堕落に生きていた孝蔵は、ある日、噺家・橘家円喬の高座を目にして強く心を惹かれ、落語に傾倒、円喬の弟子となり「三遊亭朝太」の芸名を与えられる。また、1960年の志ん生の元に『志ん生の「富久」は絶品』と書かれた絵葉書を手にした青年が訪れ、五りんとして弟子入りする

↓↓↓いだてん〜東京オリムピック噺〜の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

大河ドラマ 八重の桜

NHK オンデマンド

明治元年(1868年9月)。板垣退助率いる新政府軍に対し、鶴ヶ城から最新のスペンサー銃を撃つ女がいる。山本八重、後の新島八重である。会津藩の砲術指南の山本家に生まれた八重の幼少期はまさに“少年”そのもの。広い見識をもつ兄・覚馬を師と仰ぎ裁縫よりも鉄砲に興味を示し、会津の人材育成の指針“什の誓ひ”(子弟教育7カ条)「ならぬことはならぬもの」という理屈ではない強い教えのもと、八重は、会津の女として育っていく。八重18歳の頃(1862年)、会津藩主・松平容保が京都守護職に任命されたことで会津の悲劇は幕を開ける。兄・覚馬らは西郷隆盛率いる薩摩藩と禁門の変で長州軍を破るも、薩摩の寝返り、日和見主義の諸藩の動きの中にあって忠義を貫く会津藩。しかし、鳥羽伏見の戦いで幕府軍は敗れ、会津は新政府軍から「逆賊」として扱われる。新政府軍との力の差は歴然。女や子供を含め、多くの仲間が次々と死んでいく中、鶴ヶ城籠城戦で男装し、自ら銃を持ち夫・川崎尚之助とともに最後まで奮戦した八重だったが、白虎隊の無念の死や、夫との別れを経て、会津戦争の敗北を自らの中で受け入れていく。途方もない喪失感の中、八重はそれまでの生きがいであった鉄砲を捨てる──。逆賊、時代遅れ・・・。そう世間に罵られる中、八重と会津の仲間たちは新たな生き方を模索するうち、再び兄の導きにより京都へ、そこで「知識」という新たな生きがいを得る。鉄砲から知識へ。手にする武器は変われども、女だてらに「ならぬことはならぬもの」と会津のプライドを貫く八重は、京都でも存在感を増し、アメリカで西洋文化にふれた青年・新島襄をも魅了、結婚する。封建的風潮の残る中、男女の平等を望む八重は、西洋帰りの夫を「ジョー」と呼び捨てにし、レディーファーストを貫く。その奇妙でおかしくもある夫婦関係を世間が罵っても、八重はまるで気にしない。その生きざまを夫は「ハンサムウーマン」と称した。日清、日露戦争が起こると、会津戦争の原風景が残る八重は、仲間とともに篤志看護婦として名乗りをあげる。戦場に女が行くなど考えられなかった時代、八重たちは果敢に行動していく──。

↓↓↓大河ドラマ 八重の桜の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

西郷どん

貧しい下級武士の家に育った西郷隆盛は、困った人を見ると放っておけない性分だった。そんな愚直な西郷に、カリスマ薩摩藩主・島津斉彬が目を留める。斉彬の信念に心酔した西郷は、斉彬の密命を担い江戸へ京へと奔走し、薩摩のキーパーソンとなっていく。

↓↓↓西郷どんの配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

平清盛

配信なし

武士が貴族の番犬でしかなかった時代。 実力で日本の覇者に上り詰めた奇跡の男。今まで天下の大悪人として描かれてきた平清盛を先見的で躍動感あふれる男として壮大なスケールで描く。

↓↓↓平清盛の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

徳川家康

NHK オンデマンド

「昭和59年から大河ドラマは近代路線に移行する」とのタイムテーブルのもと、時代劇大河・最後の作品として「戦国時代・最後の大物」徳川家康を主人公としたこのドラマは企画された。スタッフが意図したものは大河ドラマの王道たる「直球」的作品。当初はオリジナル脚本案も浮上したが、過去にNET系(現:テレビ朝日)でドラマ化された例はあるものの「山岡荘八・著『徳川家康』ほど家康に関する名作はない」との結論に達し、山岡荘八の小説『徳川家康』を原作にしたドラマ化がスタートした。家康の出生前からその死までを描く山岡版「家康」、その原作に忠実を期し「家康の生涯は生母・於大を抜きには語れない」との意見から於大役に、息子・家康役の滝田栄より7歳年下の大竹しのぶを配するなど大胆な配役がされた。従来陽気な秀吉に比べ老獪な謀略家としての面が強調されていた家康を泰平を求める求道者として描いた。

↓↓↓徳川家康の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

峠の群像

配信なし

江戸時代の元禄と放送時の時代が同じような時代の方向が変化する時期となる「峠」の時代だとする原作者・堺屋太一の観点を軸に、赤穂事件を現代的に描いたドラマ。赤穂藩断絶を現代の企業倒産になぞらえ、仇討ちのヒロイズムよりもサラリーマンつまり赤穂の藩士たちがいかに行動したかを再考する作品となっている[1]。脚本にはデビューして間もない冨川元文が大河ドラマ史上最年少で起用され、これによる各回のサブタイトルがユニークであった。というのも、大河におけるサブタイトルのほとんどは名詞形を主体としており、本作のように動詞形のそれが用いられることはあまり例がないのである。配役面では主役にベテランの緒形拳を起用する一方、当時人気絶頂にあった"たのきんトリオ"のひとり野村義男をはじめ、三田寛子、小泉今日子、錦織一清、薬丸裕英など、次世代のアイドルが多数起用されている。なお、現在もジャニーズ事務所に在籍している俳優の出演大河としては一番古い作品である。

↓↓↓峠の群像の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

風林火山

NHK オンデマンド

大河ドラマ第46作。武田信玄を支えた軍師・山本勘助の夢と野望に満ちた生涯を中心に、戦国の世を懸命に生き抜いた人々を追う。勘助は若い頃から諸国を遍歴し、軍略や築城術など兵法を身に付ける。やがて武田晴信(後の信玄)の器に惚れ込み、補佐していく。

↓↓↓風林火山の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

篤姫

NHK オンデマンド

原作は宮尾登美子の小説『天璋院篤姫』。主人公は江戸幕府13代将軍・徳川家定の正室である篤姫(天璋院)。宮尾原作の作品は2005年の『義経』以来の2度目となる。 江戸時代末期、鎖国状態にあった日本が諸外国からの脅威に晒されていた時代に、歴史の影で活躍した篤姫に焦点を当てる。ホームドラマ的要素を強め、夫婦の日常、さらに篤姫が自分にとっての家族(=大奥の女性達)を最後まで守り抜き、その中で一途に平和を願い続ける姿を描いた。

↓↓↓篤姫の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

龍馬伝

NHK オンデマンド

天保14年(1843)高知城下、幼い龍馬は、学問も剣術も苦手な泣き虫。土佐藩の厳しい身分制度の下、龍馬や弥太郎は屈辱的な差別を受けていた。やがてたくましく成長した龍馬は幕末の動乱で薩長同盟に尽力し、明治維新を大きく進める原動力となっていく。

↓↓↓龍馬伝の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

江・姫たちの戦国

NHK オンデマンド

浅井三姉妹の末っ子に生まれた江は、徳川二代将軍・秀忠の正室となり、娘は天皇家に嫁ぎ、息子は第三代将軍となる。だが、そこにたどりつくまでの道のりは波乱と苦難の連続だった。二度の落城により両親を失った江は、時の権力者たちに人生を翻弄されていく。

↓↓↓江・姫たちの戦国の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

花燃ゆ

配信なし

江戸時代末期、長州藩士の家に生まれた文(ふみ、杉文)は、実兄の寅次郎(とらじろう、吉田松陰)が教鞭をとる松下村塾において門下生たちの世話をしていた。年頃になった文は寅次郎の門下生の一人である久坂玄瑞と結婚する。尊王攘夷に傾倒する寅次郎は、幕府による日米修好通商条約の締結に批判を深め、老中暗殺の謀略を自白して斬首に処される(安政の大獄)。 寅次郎の遺志を引き継いだ玄瑞は、攘夷の決行を求めて京都で策動し、文は萩で夫の留守を支える。萩に戻った玄瑞と文は、文の姉・寿(ひさ)と小田村伊之助(楫取素彦)の夫婦から次男・久米次郎(くめじろう)を養子に迎え、つかの間、親子団欒の時を過ごす。長州藩と幕府の対立は激化し、玄瑞は兵を率いて京都御所に向かうが、会津藩・薩摩藩の防御を破れずに敗退する(禁門の変)。さらに、朝廷に対する働きかけにも失敗し、責を負った玄瑞は自刃した。久坂家は断絶に処され、久米次郎は養子縁組を解消して実家・小田村家に戻された。 未亡人となった文は、長州藩の奥御殿に出仕し、名を美和(みわ)に改める。次期藩主・毛利元徳の正室である銀姫(毛利安子)に気に入られ、嫡子・興丸(おきまる、毛利元昭)の守役となった美和は、亡き夫・玄瑞が京都の芸妓・辰路との間に儲けた男子・秀次郎(ひでじろう)の存在を知り動揺する(NHKでは奥御殿での物語を「"大奥"編」と称した[10])。時代は大政奉還・戊辰戦争を経て明治となる。 版籍奉還および廃藩置県により長州藩は消滅し、旧藩主・毛利家は東京へ移り、美和が勤める奥御殿は閉じられた。実家に戻った美和は秀次郎を引き取り育てるが、切っても切れぬ母子の絆を知り、秀次郎を再興した久坂家の跡継ぎとして援助することを約束して、辰路の元に返す。その頃、美和の姉・寿の夫で長州藩の重役を務めていた楫取素彦(かとり もとひこ、小田村伊之助)は政治から身を引いて一農民として過ごしていた。荒れ地の開墾と水路の開削に奔走した素彦は、改めて政治への情熱を取り戻す。 かつての同志・木戸孝允(桂小五郎)の求めに応じて群馬県令となることを承諾した素彦は、体調の優れぬ妻の寿、義妹の美和とともに群馬に赴いた。美和は寿を助けて家事を引き受け、素彦は富岡製糸場を中心に蚕糸の一大生産地となった群馬の産業育成に努めた。寿は病状が悪化したため東京で療養していたが、素彦に看取られて亡くなる。寿は生前、素彦に宛てて、自らの死後には妹の美和を妻にするよう求める手紙をしたためていた。群馬に戻った素彦は前にも増して職務に励み、美和は女子教育の普及を目指して奔走する。寿の遺志を知り、素彦と思いの通じ合った美和は、素彦との再婚を決意する。美和は、さらなる飛躍を求めて群馬県令の職を辞した素彦に従い、東京に向けて群馬を発った。

↓↓↓花燃ゆの配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

真田丸

配信なし

天正10年(1582年)、甲斐の名門・武田家は織田信長の軍勢の前に滅亡の危機に瀕していた。その頃、駿河と甲斐の国境で徳川家の兵に追われるひとりの若者がいた。彼はこれより33年後、大坂の陣で天下人・徳川家康に対抗し、後世「日ノ本一の兵(つわもの)」と称えられることとなる。彼の名は真田源次郎信繁。後世において、真田幸村と呼ばれた男である。

↓↓↓真田丸の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

おんな城主直虎

NHK オンデマンド

天文13年(1544年)、 遠江井伊谷を治める井伊家の当主井伊直盛は、一人娘のとわと一族で幼馴染の亀之丞とを許嫁とした。しかしその直後、亀之丞の父が謀反の罪で、井伊の主家、今川家に誅殺される。亀之丞も今川の追及から逃れるため井伊谷から離れる。とわも今川の許しを得るため、井伊家の菩提寺龍潭寺に出家し次郎法師の名を受ける。10年後、成人した亀之丞が井伊谷に戻り元服、名を井伊直親と改める。直親は、元許嫁の次郎では無く、一門からしのをめとり、二人には嫡男虎松が生まれる。 永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いの今川の敗北により、井伊も直盛の戦死を含む大打撃を受ける。一方、今川の人質であった松平元康は、混乱に乗じ三河で独立する。 永禄5年(1563年)、今川の実力者寿桂尼が、井伊の当主を継いだ直親を謀殺する。残った一族や重臣は、虎松の助命と引換えに出兵を強いられ、次々と戦死する。次郎と直親の幼馴染で家老の小野政次は今川に付き、井伊の裏切り者とみなされる。永禄8年(1565年)、今川から政次を井伊谷の城主とする命が下る。これに対抗するため、次郎が虎松の後見として井伊家の城主となり直虎と名乗る。

↓↓↓おんな城主直虎の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

天地人

NHK オンデマンド

人々が己の「利」を求めて争った戦国の世。「義」の志を胸に、「愛」の一字を兜の前立てに掲げ戦った武将がいた。越後上杉家の家老・直江兼続である。 幼少時から上杉景勝に小姓として仕えた兼続は、上杉謙信から「義」の精神を教えられ、その志を受け継ぐ「唯一無二の弟子」となる。しかし謙信の死後、一枚岩を誇った上杉家は後継者争いから分裂。それは景勝・兼続主従の「義」と「愛」を懸けた戦いの始まりであった。

↓↓↓天地人の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

徳川慶喜

NHK オンデマンド

260年余り続いた江戸幕府、最後の将軍・徳川慶喜(よしのぶ)を通して、日本史上最大の動乱期である幕末を、幕府側から描いた作品です。文化庁裁定申請中(2019年3月15日申請)

↓↓↓徳川慶喜の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

春日局

配信なし

明智家臣の娘という立場で戦国の乱世を生き抜き、その器量を徳川家康に見込まれて大奥の取り仕切りと後の3代将軍徳川家光の乳母を任された女性・春日局の生涯を描く。それまで「強い女」「烈女」のイメージが強かった春日局を、平和な世を希求し、献身的に家光の母代わりになろうと生きた女性として描く。

↓↓↓春日局の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

おんな太閤記

NHK オンデマンド

戦国時代から徳川初期までを生き抜いた豊臣秀吉の正妻・ねねの生涯を描きます。女性たちの心をきめ細かく映し出した、一味違う戦国ドラマです。

↓↓↓おんな太閤記の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

独眼竜政宗

配信なし

不動明王について教えられた梵天丸(政宗の幼名)がその養育係である喜多に語った「梵天丸もかくありたい」という台詞は流行語となった。ただし本編でこのセリフを言うのはこのシーンと、第11回「八百人斬り」で政宗が刀に映った自分の顔を見て、少年時代を回想したのち、刀を振るいながらこのセリフを繰り返す場面のみである。先述の梵天丸のシーンは、この第11回や26回「絶体絶命」など、政宗が幼少期を回想する場面で使用された。

↓↓↓独眼竜政宗の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

武田信玄

NHK オンデマンド

風林火山の旗印をかざし、戦国の世を駆け抜けた武田信玄。父と子の相克を乗り越え、若くして甲斐の国主となる。宿命のライバル・上杉謙信をはじめ、織田信長、今川義元、北条氏康ら名だたる戦国大名たちとの、権謀術数を絡めた激しい戦いを繰り広げていく。

↓↓↓武田信玄の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

毛利元就

配信なし

安芸国の小領主・毛利弘元の次男として産まれた松寿丸(後の元就)は幼いときに実母・祥の方を亡くし、すさんだ少年時代を過ごす。一方父・弘元は有力大名の大内義興と尼子経久との板ばさみに悩み、さらに松寿丸の素行やまとまりのない家臣達に心労をつのらせ、長年の酒毒により死去する。父の後を継いだ兄・興元も父と同様の苦労の末、同様に酒毒に侵され若死する。 そんな父と兄の寂しい死をきっかけに、元就は生まれ変わり、戦国乱世の中でいかに毛利家を存続させるかに命を燃やすようになる。だがそんな元就に、本来毛利家とほとんど同格の国人領主で、盟約によって家臣になっているに過ぎなかった家臣達の容赦ない反乱や策謀が降りかかる。 それらをはねのけた元就はいつしか安芸国人だけでなく大内氏・尼子氏双方に一目おかれる存在にのし上がり、家族・家臣・好敵手達との出会いと別れをいくつも経験しながら、やがて稀代の謀将として中国地方一の大名と呼ばれるまでになった。

↓↓↓毛利元就の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

秀吉

配信なし

尾張国中村の百姓の子として生まれた日吉(後の秀吉)は、松下家に仕えていたが、買い付けの最中に高野聖に金を盗まれてやむなく逐電する。傷心のままに故郷に戻ったときに、たまたま諸国流浪中の明智光秀に出会い、光秀に触発され改めて武士になる夢を抱く。 やがて織田信長の下に小者として仕官した秀吉は、足軽昇進後に拝み倒して家臣になってもらった弟・秀長との絶妙なコンビネーションで、一夜城の建設や竹中半兵衛の調略等に成功し、織田家中の中でめきめきと頭角を現わしていく。 一方、一浪人にすぎなかった光秀も縁あって、朝倉家に身を寄せていた流浪の足利義昭に仕えるようになるも、将軍位奪還のために信長の元に使者として送り出された際に、その才覚を見抜いた信長が、光秀を破格の厚遇をもって家臣として迎える。秀吉はそんな光秀にライバル心を燃やし、二人の出世競争が始まった。

↓↓↓秀吉の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

八代将軍吉宗

配信なし

紀州藩主・徳川光貞の四男・源六(後の吉宗)はいたずら好きのわんぱくっ子として育ちながらも、その頑強さから父の期待を一心に集める。しかし母・お紋の出自は卑しく、長幼の序の慣例から将来は部屋住みの身分として一生を終えるものと決め込んでいた。 ところが長兄・綱教が早々と死去し、後を追うように父・光貞、次兄・頼職も死去。綱教にも頼職にも男子がなく、遂に吉宗は五代紀州藩主になるべくして収まるが、江戸では五代将軍綱吉、六代将軍家宣、そして幼い七代将軍家継までもが次々と死去。 時代は吉宗を八代将軍に推し上げようとしていた。

↓↓↓八代将軍吉宗の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

花の乱

配信なし

平安建都(遷都)1200年を記念して室町幕府第8代将軍・足利義政の妻である日野富子の生涯と、応仁の乱およびその前後の状況を描いた。

↓↓↓花の乱の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

功名が辻

NHK オンデマンド

永禄3年(1560)、近江・浅井家の地侍の娘・千代は戦火の中、幼くして父母を失い、尾張の川のほとりで若武者・山内一豊に命を救われる。その後、成長して再会したふたりは「一国一城」の夢に向かい、手を携えあって戦国の世を生き抜いていく。

↓↓↓功名が辻の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

義経

配信なし

平治の乱で平清盛に敗れた源義朝の愛妾・常盤御前は、三人の子を連れて京を逃れるが実母が平家方に捕らえられている事を知り、清盛に出頭する。清盛により、末子・牛若(後の義経)との生活を許された常盤であったが、清盛との関係がその正妻・時子の知るところとなり、常盤は清盛の元を去り、牛若は鞍馬寺に預けられる事になった。 清盛を実の父と信じて疑わず、清盛が目指そうとする「新しき国」に淡い憧れを抱いていた牛若は、自分がその敵である義朝の子である事を知り、愕然とする。やがて逞しい青年へと成長し、奥州の藤原秀衡のもとへ身を寄せた義経は、兄・頼朝のもとへ参じて源平の戦いに身を投じる。 しかし、清盛をはじめとする平家方を敵と割り切る事ができない。そして同じ源氏である木曽義仲と戦わねばならない葛藤…、兄弟としての情を求める義経は武家政権のリーダーとして理を重んじる頼朝と徐々にすれ違っていくようになる。

↓↓↓義経の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

新選組!

配信なし

元治元年、京都で近藤勇、土方歳三率いる新選組は不逞浪士の取締に出動。長州藩の桂小五郎は取り逃がしてしまったものの沖田総司などの活躍により大きな成果を挙げる。 この事件を聞いた坂本龍馬は10年前の江戸での出来事を思い出す。

↓↓↓新選組!の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

武蔵 MUSASHI

配信なし

原作は吉川英治の『宮本武蔵』。吉川の小説の大河ドラマ化は1991年の『太平記』以来で、4作目であった。主演の七代目市川新之助は、1994年の『花の乱』出演以来。武蔵の幼馴染・本位田又八には堤真一、幼馴染で恋人のお通役には米倉涼子、宿敵・佐々木小次郎にはTOKIOメンバーの松岡昌宏、小次郎の恋人・琴役は仲間由紀恵が序盤で同じく恋人であった八重役と兼ねて二役を演じ、琴の死後に小次郎の恋人となるお篠は宮沢りえが演じた。

↓↓↓武蔵 MUSASHIの配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

利家とまつ・加賀百万石物語

配信なし

織田家家中で「槍の又左衛門」と言われた槍の名手で、尾張荒子の領主前田利昌の四男・前田又左衛門利家(幼名・犬千代)は父の反対を押しきって信長に仕官し、稲生の戦いで手柄を挙げ、早々に信長の親衛隊である赤母衣衆の筆頭になる。しかしその直後、信長の同朋の拾阿弥を斬り、信長から勘当される。2年間の放浪の末、美濃の猛将・足立六兵衛を討ち取り帰参が叶うが、出世競争では秀吉や明智光秀などに遅れをとる。賤ヶ岳の戦いでは柴田勝家に味方した利家だが、秀吉の信頼が厚く、以後秀吉の臣下となり豊臣政権随一の重臣として活躍する。そして秀吉の死後、天下人を目前にした矢先に病で亡くなってしまう。そして時代は徳川へと移っていくのだった。 唐沢寿明&松嶋菜々子主演により、2002年1月からNHKで放映された大河ドラマ第41弾。竹山洋原作・脚本により、信長・秀吉・家康の時代を生き抜き加賀百万石の礎を築いた前田利家と妻・まつの夫婦愛を軸に波乱万丈の人生を豪華キャスティングで描いた大型エンターテイメント時代劇である。<BR>天文十九年、前田利昌が治める尾張荒子城に、養女として幼少の娘・まつがやって来た。一方、一本気な性格の利昌の倅・犬千代(後の前田利家)は、"うつけ"と呼ばれる織田家の信長の近習に取り立てられる。やがて利家とまつは互いに惹かれ合うようになり結婚。利家とまつは手を取り合って、同僚の木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)や佐々成政らとともに戦国の荒波の中へと漕ぎ出してゆく…。

↓↓↓利家とまつ・加賀百万石物語の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

北条時宗

NHK オンデマンド

相次ぐ飢饉で人々が飢え苦しみ、社会が混乱の様を呈していた鎌倉中期。鎌倉幕府第5代執権・北条時頼の嫡子として得宗家に生を受けた時宗は、幼少時には父・時頼から多大な影響を受け、博多商人謝国明や松浦党の娘桐子らと出合い国際的視野を広めるが、異母兄である時輔とは確執が生じていた。 やがて時宗は第8代執権に就任し、時輔や幕府内の反得宗勢力との争いなど相次ぐ苦難に翻弄される。 また、海の向こうでは元朝の初代皇帝クビライ・カアンが世界征服を進めており、時宗は若くして蒙古襲来(元寇)という国難に直面し、世の平安を模索していく。

↓↓↓北条時宗の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

葵徳川三代

NHK オンデマンド

慶長3年8月18日(1598年9月18日)、太閤豊臣秀吉は巨万の富と幼い遺児・秀頼を残しこの世を去る。五大老筆頭・徳川家康はこれを天下獲りへの絶好の好機と睨み、秀吉の残した数々の遺訓に背いていく。 そんな家康の専横を阻もうと一人の男が立ち上がった。五奉行・石田三成である。そして天下分け目の戦い・関ヶ原へ向かって家康と三成の激しい謀略戦が始まった。 家康の孫にあたる水戸光圀は父祖の正しい歴史を伝えるべく、秀吉の死後から徳川三代の物語を語る。

↓↓↓葵徳川三代の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

元禄繚乱

配信なし

播磨国赤穂藩家老・大石内蔵助は「昼行灯」と呼ばれるほどの遊び好きで呑気な男。しかし人懐っこい性格で数々の調停に手腕を発揮し、藩士・領民の人気は高く、藩主・浅野内匠頭の信任も厚かった。 そんな平穏な赤穂藩に激震が走る。刃傷・松の廊下事件―この一件が呑気な家老の人生を激変させた。狂気の将軍・綱吉とその側用人・柳沢吉保の裁定により内匠頭は即日切腹、一方事件の被害者・吉良上野介はお咎めなし。 喧嘩両成敗の定法を無視した幕府の裁定に藩内は吉良への仇討ちの機運が高まるが、内蔵助ははやる藩士達を制し、内匠頭の弟・大学長広を新たな藩主に据え、お家再興を幕府に働きかける。しかし柳沢の謀略により赤穂藩は断絶。藩士は全員禄を失い、浪人となる。 内蔵助は吉良への仇討ちにより幕府への抗議を目論み、本意を隠しながらその機を伺う。一方柳沢は赤穂浪士の仇討ちにより、吉良の実子が養子入りした米沢上杉家とを相争わせ、広島藩浅野本家と米沢藩上杉家あわせて57万石の取り潰しを画策。米沢藩家老・色部又四郎はその柳沢の謀略を察知し、赤穂浪士による仇討ち防止に奔走する。 大石、柳沢、色部、3人の男達の激しい謀略戦が始まった。

↓↓↓元禄繚乱の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

信長

配信なし

物語は、小豆坂の戦いに敗れて矢傷を負った織田信秀が、三河から尾張に撤退する場面からシーンから始まる。当時、信秀の嫡男・信長は那古野城主であったが、犬千代(前田利家)や勝三郎(池田恒興)らを引き連れて領内を遊び歩いていた。放蕩無頼に見えるその言動の陰で、信長は領内を見回ったり、百姓を交えた戦遊びで戦いに有利な長槍の効果を確かめたりして、将器を養っていた。ある時信長は犬千代らを連れ、隣国・美濃を治める斎藤道三の本拠である稲葉山城下へと足を運び、その繁栄ぶりを見て道三に興味を持つ。城下町を取り仕切り、畿内などとも商いを広げる代官は「鬼阿弥」と呼ばれ恐れられていた。その配下に正体を見破られた信長は、鬼阿弥の屋敷まで同道させられる。鬼阿弥の正体は、道三と昵懇な美しい女性おこよであった。 その屋敷では南蛮渡来の珍品が所狭しと置かれていた。おこよから信長は当時泉州・堺の町で流行していた抹茶をふるまわれ、その椀の高台部分に銘されていた「天下布武」の文字に目を留める。「天下布武」とは武力をもって天下を制する、という意味だが、この天下布武の茶碗は道三も大のお気に入りであるという。おこよはその後も度々登場し、国内外の情報や人脈、南蛮渡来物を与えてくれる。稲葉山城下で信長は、商人の木下藤吉郎と出会う。侍としての仕官を懇願する藤吉郎に、信長はある課題を与える。 信長の能力の高さを認め、人一倍信じているものの、その真意を図りかねる傅役家老の平手政秀は、信長に諫言する日々であった。古渡城の信秀を訪ねた信長は、鉄砲を買い揃えるための金の無心をするが、一喝される。母・土田御前は信長より弟・織田信行を溺愛しており、家督相続についても信長より信行を推すが、信秀は一蹴する。なかなか素行が落ち着かない信長を案じた政秀は信秀に相談する。「女子を与えてみよ」と言われ、色々試してみたが逆に信長に叱責される。挙句の果てに「蝮(=“美濃の蝮”と称された斎藤道三)の娘を連れて来い」と言われ、政秀は美濃に赴いて、苦心の末に道三の娘・濃姫との婚儀をまとめた。 堀田道空率いる濃姫輿入れ行列を荒々しく出迎え、濃姫の輿を強奪して来るような信長の行動に、父・信秀は膝を叩いて喜び、母・土田御前は眉をひそめる。そんな時、信秀が急死する。信長は葬儀に遅刻し、「早すぎるわ」と一喝すると抹香を位牌に投げつけて、父への愛情と別れを表現する。列席者の多くは、尾張の実質的支配者であった信秀の後継者として信長は不適と見なし、特に本家筋の彦五郎信友はかねて肩入れしている弟・勘十郎信行に跡目を継がせようと画策する。そして信長を諫めるため、平手が自害する。信長が新たに当主となった城では足軽の募兵が行われ、かつて課題を与えた木下藤吉郎が課題の品(銃弾をも防ぐ甲冑)を持ち現れ一悶着を起こすが、欠員の出ていた草履取りとして召し抱えられる。 正徳寺での会見で斎藤道三の信頼を得た信長は、一気に清洲城を落とし、信友を倒す。その乱戦の中、信行も命を落とす。 尾張をほぼ統一した信長を見込んだ道三は、美濃一国を実子の義龍ではなく、信長に譲り渡す「美濃譲り渡し状」を書く。これに憤った義龍は大軍を率いて父親に反旗を翻し、信長は義父・道三に援軍を出そうとする。これを知った道三は、婿とその兵を危険に晒さないように、おこよに美濃譲り渡し状を届けさせ、自らは槍を振るって奮戦した末に討死をする。 その頃、藤吉郎は草履撮りからお台所奉行に出世していた。後に妻とする寧々から、野菜や魚が最近値上がりしており、「駿河に持って行けばさらに高く売れる」と噂されていることを聞く。今川義元が上洛に向けて兵糧を準備しているのではないかと察した藤吉郎は、犬千代とともに駿府城下に潜入し、義元が大軍を集結させていることを知る。犬千代は信長に報告するために清洲城に戻り、藤吉郎はさらに情報を得ようと姿を晦ます。城中では、今川を籠城で迎え撃つか、野戦を挑むか家臣の意見が分かれるが、信長はどちらも真剣に取り合おうとしない。一方で今川軍の先鋒には、かつて織田家へ人質となっていたため、信長に対して好意を持っていると疑われた松平元康が指名された。信長との旧縁と、今川客将としての立場は別と割り切った元康は、織田方の丸根砦と鷲津砦を攻め落とす。 その一報を聞いた信長は突如として出撃する。虚を突かれた多数の家臣たちの支度を待たず馬で駆け出し、軍を熱田神宮に集結させて必勝祈願を行う。信長は「織田軍は砦での籠城戦を準備している」という偽装を指示し、一部家臣と住民が今川軍を歓待する工作が行われる。今川軍の荷駄隊足軽に紛れ込んでいた藤吉郎は勇み足で正体がバレて逃げ出し、織田軍の斥候に助けられる。藤吉郎の情報により、今川軍が雨の中、桶狭間で休息していることを知った信長は義元の本陣に奇襲をかけ、義元の首を挙げる。藤吉郎はこの功により士分に取り立てられ、寧々と結婚する。 その後、松平元康は徳川家康と改名して三河に復帰し、信長と同盟を結ぶ。東への憂いが無くなった信長は美濃攻めに全力を傾ける。義龍亡き後の美濃を、藤吉郎の機転で築いた墨俣の一夜城を足掛かりに攻略。稲葉山城を岐阜城と改名し、本拠を移す。美濃を手に入れた信長に、おこよはルイス・フロイス、そして以前おこよの配下であったが今は足利義昭に仕える明智光秀を引き合わせる。また南蛮渡来の地球儀を贈られ、日本の小ささと世界の大きさとを痛感し、天下統一と世界に伍する国づくりを決意する。 急速に台頭する信長を、越前の戦国大名・朝倉義景は苦々しく見ていた。義景は、亡命してきた足利義昭を庇護しつつ、上杉謙信の脅威を理由に上洛はしようとしなかった。その一方で、北近江の領主である浅井家と共闘して、織田家の拡大に備えようとしていた。当時、浅井家は久政から長政に代変わりしていた。その長政の器量を見込んだ信長は、妹・市姫を嫁がせ、浅井・朝倉の分断と織田・浅井の連携を図る。この機に乗じて義昭は越前を脱出し、明智光秀を仲介役に信長の居る岐阜に身を寄せる。上洛の大儀名分が整った信長は義昭を奉じて上洛の途につく。いよいよ京に入った信長は、朝廷や都の整備のために財を惜しげなく提供し、兵の蛮行を禁じた。このため、正親町天皇や公家衆、京の町人からの歓迎を受ける。そして藤吉郎を京都の奉行職につけ、善政を布こうとする。 信長は従わない朝倉義景を倒すべく越前に攻め入るが、朝倉の本拠・一乗谷の手前まで進んだところで、信長は浅井長政の裏切りを知る。殿(しんがり)をつとめた藤吉郎の活躍もあり、矢傷を負いながらも京に逃げ帰り、浅井討伐軍を起こす。織田軍の総大将を命じられた藤吉郎は浅井の本拠・小谷城を攻め落とす。落城の間際、お市の方が3人の姫とともに逃れ、後に柴田勝家に再嫁する。 そして豪華絢爛な安土城が完成する。信長は安土城に藤吉郎を呼び出し、京での度重なる浮気に対する寧々からの訴えを取り上げて叱る。続く正月の宴席には信長とその子らと、光秀、藤吉郎、家康が勢揃い。また、おこよが多くの珍品や土産話を抱えて海外から帰国し、安土城の落成を言祝ぐ。天下統一、そして海外への壮大な夢を抱き、信長は進んでいく。

↓↓↓信長の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

翔ぶが如く

NHK オンデマンド

時は幕末。薩摩国鹿児島城下の下加治屋町で兄弟の如く育った西郷吉之助(隆盛)と大久保一蔵(利通)。2人は島津斉彬の庇護の下で頭角を現し、ある時は互いに手を取り合い、そしてある時は異なるやり方で薩摩藩を動かしていき、やがて2人の活躍は維新回天の大偉業を成し遂げるに至る。 2人は新政府参議にそろって就任するが、封建体制から近代中央集権体制への一大転換は国内に大きな矛盾を生み出しつつあった。それは禄を失った士族たちの存在であり、いまだ武士道精神から自己を抜け出せないでいる隆盛にとって、こうした士族たちの存在は対岸の火事ではなかった。一方の利通は、合理主義家として数々の洋化政策を打ち出していく。互いに相容れない2人のイデオロギーは、いわゆる「征韓論」をもって衝突する。やがて征韓論は白紙撤回され、2人は袂を分かつ。 そして時代のうねりは、2人を維新後最大の内乱・西南戦争へと駆り立てていく。しかし、それは2人が偽りでない真の友情を全うするためには避けて通れない道であった。

↓↓↓翔ぶが如くの配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

いのち

配信なし

1945年8月18日(玉音放送から4日後)、弘前へ向かう汽車に東京の自宅を焼け出されて故郷へ向かう高原未希・佐智姉妹がいた。佐智は空襲で足が不自由になっており、この旅で弘前へ男を訪ねる妊娠中の村中ハル、高校生(旧制)の中川邦之と知り合う。 故郷へ帰り、母の千恵、使用人の工藤清吉・イネ夫妻と再会したのも束の間であった。男に裏切られ、海に身を投げようとして、海軍予備学生から復員した浜村直彦に助けられたハルが連れて来られ、千恵、イネらの奮闘に関わらず流産する。一時は自殺すら考えたハルだったが、清吉らの説得により「男に頼らず一人で生きる」と実業家への道を志す。間もなく千恵が吐血して倒れ、医師・坂口一成の診察により癌を宣告される。シベリアへ抑留された父正道と結婚式を挙げた神社へ未希とハルの助けで参拝して間もなく亡くなり、このことがきっかけで未希は医者を志し女子医専に進学。 しかし高原家は農地改革の嵐に見舞われ、小作人で幼馴染の岩田剛造の努力も虚しく、父のシベリア抑留を理由に不在地主に認定された高原家は全ての土地を失ってしまう。 東京で共に農村医療を志す直彦と未希は惹かれあい、医専を卒業した未希は故郷へ帰り念願の医者となる。佐智も姉の医療を補助していたが、無資格での行為が問題となって、看護婦を目指し、看護婦の資格を取った。シベリアから父・正道が帰って来るが、長い抑留生活のため、余命幾ばくもないことがわかり、弘前医大を出て医師となった中川邦之は正道が元気な内に佐智と結婚したいと申し出る。その結婚式の夜、妻・千恵の墓前で、正道は息を引き取った。 その後も開業医としては順調な日々を送る未希だったが、妊娠中の剛造の妻初子の体調不良の訴えを妊娠中毒症と誤診、腎臓病で初子を胎児ともども亡くす結果となり、医者としての自信を失った未希はアメリカ・シアトルへ留学し、そこで直彦と再会する。留学も終わりに近付いた頃、一旦は直彦のプロポーズを受けた未希だったが、帰国後地域医療を捨て大学に戻る途を選んだ直彦と決裂する。帰国後、周囲の反対を押し切って剛造と結婚した未希は、姑のテルと激しい確執を演じるが、剛造と初子の娘・典子の病気を治療したことをきっかけに和解する。 故郷が町村合併したことを契機に公立の診療所ができて、次第に経営が苦しくなった未希は東京でダンスホールの経営者として成功していたハルの勧めで、東京郊外の新興住宅地に1年間だけの予定で開業、故郷の医院は義弟の邦之に留守を託した。東京で開業した医院は急速に開発が進んだ結果医師不足となっていたため多忙となり、未希は自らが必要とされている地域があることを知った。約束の1年後、未希は、テルや清吉、佐智らに故郷への復帰を懇願され、邦之も交代を提案しながらも、未希の医師としての生きがいを見た剛造が東京での医院継続に賛成し、剛造の後ろ楯で本格的に移転を決める。しかしその過程で典子との確執を生むのだった。 未希が東京での医院継続を決めた頃、故郷から集団就職で征子が上京した。しかし征子は、上京時に約束された定時制高校への通学もままならず惨状を見かねたハルは征子を引き取り、都内の難関全日制高校へ進学させ、大学まで出し医者にさせるほど征子に愛情を注いだ。同じ頃、剛造と初子の息子・竜夫も継母の未希を頼って上京、竜夫は都内の高校から大学の経済学部へ進学し、卒業後は未希の医院の事務を担当した。後に征子は竜夫と結婚。その新婚旅行の最中、オイルショックが起こり、これに対応して乗り切った竜夫は、やがて病院の実務を切り回していくことになる。一方、青森で父と暮らした典子との確執は収まらず、結婚式の日、典子は未希が用意した婚礼衣装に袖を通さず、初子の形見の着物を身につけて式に臨むが、テルが痴呆症にかかり、未希は彼女を東京に引き取り介護することで和解する。やがてテルは未希に看取られて死去。それから間もなく親友のハルの末期癌が発覚。ハルは弘前での最期を望み、親しい人たちに囲まれて高原家で息を引き取る。やがて、竜夫による医療保険不正請求事件が発覚。竜夫を問い詰め叱責する未希に対し、竜夫は謝罪するが、病院の経営状況が火の車であり、やむなくしていたことを聞かされた未希は愕然とするのだった。 剛造が長年のリンゴの品種改良の努力が実って、農業賞を受賞。喜びも束の間、剛造もまた病に冒される。意識不明になった剛造の自発呼吸がついに停止し、気管切開をしようとする医師とそれを望んだ家族に対し「もういい。お父さん頑張ったんだから」と未希は延命治療を拒み、安らかに旅立たせるのだった。それにより、典子は、剛造を殺したのはあんただ、それでも医者かと罵倒、激しい憎しみを燃やし、竜夫や征子が説得しても剛造が建ててくれた家に未希が入ることを許さなかった。しかし、失意の未希に清吉は剛造が生前農業雑誌に寄稿していた記事(品種改良の結果できた新種のリンゴの名を未希にちなんでつけたことと未希への感謝の念が書かれていた)を見せてくれ、それを読んだ未希は喜びに涙する。その記事は典子も読むこととなり、剛造の未希への愛情を知り、典子が未希に土下座して謝罪、和解する。 その後、典子達の農作業を手伝おうとする未希だったが、慣れない農作業では却って足手まといとなり、自責の念にかられた未希は、全てを投げ出そうと家を出、青森県内のとある山奥の温泉宿に逗留する。そこで働いていた女性の難産を助け、自分にも役目があることを思い出した。東京の医院は征子に任せ、未希は離島の診療所へ赴く。そして「いのち」を守るため、今日も診療を続けるのであった。

↓↓↓いのちの配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

春の波涛

配信なし

明治15年6月、川上音二郎は慶應義塾の宿舎を管理する学僕として働き、後に電力王と呼ばれる岩崎桃介と出会います。一方、貞は芸者見習いの半玉でしたが、伊藤博文に気に入られて乗馬や水泳を仕込まれます。ある日、乗馬がきっかけで桃介と出会い恋に落ちますが、桃介は出世のため、福沢諭吉の娘・房子と結婚します。すると、貞は人気絶頂の役者になった川上音二郎と結婚し、その後、日本の女優第1号の貞奴として活躍します。

↓↓↓春の波涛の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

山河燃ゆ

配信なし

日系アメリカ人二世の天羽兄弟と、その家族を中心に、昭和初期から太平洋戦争前後の激動の時代を生きた人々の愛と苦悩を、アメリカ・日本を舞台に壮大なスケールで描く。

↓↓↓山河燃ゆの配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

太平記

配信なし

鎌倉時代末期から南北朝時代の動乱期を、室町幕府初代将軍・足利尊氏を主人公に描いた物語。原作は1950年代末から執筆された、吉川英治晩年の作品である『私本太平記』。吉川作品の大河ドラマ化は、1965年(昭和40年)の『太閤記』、1972年(昭和47年)の『新・平家物語』以来で、通算3度目となる。主役の真田広之は、1987年(昭和62年)の『独眼竜政宗』以来4年ぶりの大河ドラマ出演で、2度目の出演にして主役に抜擢された。脚本は池端俊策と仲倉重郎(後半の一部)が担当しており、共に大河ドラマ初執筆。また番組の終了後に、各回にちなんだ名所旧跡を紹介するコーナー「太平記のふるさと」が設けられた。このコーナーは翌年以降の大河ドラマでも継承され、現在の「◯◯紀行」(「紀行」コーナー)として定着することになる。

↓↓↓太平記の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

獅子の時代

配信なし

大河ドラマで1967年(昭和42年)の『三姉妹』以来13年ぶりに、架空の人物が主人公になった。会津藩の下級武士である平沼銑次に菅原文太、薩摩の郷士の苅谷嘉顕に加藤剛が起用された。勝者である薩摩藩の嘉顕と、敗者である会津藩の銑次がそれぞれの生き方を貫いて幕末・明治維新を生き抜く様を描いた。 それまでの大河ドラマとは異なり山田太一によるオリジナル脚本であり、しかも宇崎竜童(ダウン・タウン・ファイティング・ブギウギ・バンド)によるロック風のテーマ音楽(NHK交響楽団と同バンドの共演によるクロスオーバー的な楽曲)が使用されるという、極めて斬新な作品だった。物語の大部分が近代というのももちろん初めてである。最高視聴率26.7%、平均視聴率21.0%と当時の大河ドラマの水準としては高い視聴率ではなかったが、パリ万国博覧会、樺戸監獄、秩父事件、自由民権運動など、これまで取り上げられる機会の少なかった出来事が描かれた。 それまでの大河ドラマが中央政権の近くにいる有名武将など傑出した英雄たちのドラマだったのに対し、本作は地方に生きる草の根の庶民(に近い層)にスポットライトが当てられており、歴史に翻弄された人々の裏面史と言える内容になっている。特に、明治維新で“賊軍”の汚名を着た会津藩士の運命を描いている点で、旧来の英雄譚とは明確に一線を画しており、後の『琉球の風』や『炎立つ』、『八重の桜』の先駆と言えるものだった。 映画『仁義なき戦い』シリーズや『トラック野郎』シリーズをヒットさせ、当時の日本映画を代表する俳優の一人であった菅原が、1年拘束される大河ドラマに出演することは、東映にとって興行の柱の一つを失うことであったが、菅原にとっては新たなジャンルに挑戦する作品となった。また鶴田浩二はじめ、山田のドラマ『男たちの旅路』と共通の出演者もいた。

↓↓↓獅子の時代の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

青天を衝け

配信なし 配信予定

本作は、主人公の渋沢栄一が、幕末から明治へかけて、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、青天を衝くかのように高い志を持ちながら未来を切り開く物語。信念のため、たとえ形を変えてでも逆境を乗り越えていく渋沢のエネルギッシュな生きざまが描かれる。

↓↓↓青天を衝けの配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

鎌倉殿の13人

配信なし 配信予定

2020年(令和2年)1月8日に制作発表が行われ、過去に大河ドラマ『新選組!』と『真田丸』を手がけた三谷幸喜が脚本と原案を担当し、小栗旬が主演することが発表された

↓↓↓鎌倉殿の13人の配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓
この記事の執筆者
pechache
pechache

アニメ・ドラマが大好きなエンジニア!時間がある時はドラマ・アニメを見いるエンタメマニア! また、カワウソを愛しカワウソに似ている

NHK大河ドラマシリーズ作品一覧