自分に合った動画アプリ(vod)を見つけよう!
  • 掲載記事数 356 記事
  • 作品登録数 7227 作品

京都迷宮案内シリーズの動画配信情報!視聴料金を比較!

更新日:2020年12月01日
配信なし
【京都迷宮案内】が一番お得に動画が見れる動画配信サービスはどれ?
【京都迷宮案内】の動画が見たいんだけど、無料で見ることってできないかな?
【京都迷宮案内】の動画を全部一気に見たい!

そんな思いを持っているあなたのために、
この記事では、京都迷宮案内シリーズが一番お得に見れる動画配信サービスをご紹介していきます。

動画を無料で見れるのか、料金はかかるのか、なども一緒に解説していきます。

この記事が見終わった後には京都迷宮案内シリーズを見始めていることでしょう。

京都迷宮案内シリーズの動画視聴はできる?

京都迷宮案内シリーズは全部で10作品あります。
また、京都迷宮案内シリーズの動画をどこで見ることができるのか、16つのVOD(動画配信サービス)を調査しました。
動画配信サービスには無料お試し期間があるサービスもありますので、お得に観られる方法もあります。無料期間合わせてチェックしてみてください。

以下16つが今回調査したVODです。

  • Netflix
  • dTV
  • U-NEXT
  • Hulu
  • DAZN
  • Amazon プライム・ビデオ
  • TERASA(テラサ)
  • TSUTAYA TV
  • paravi
  • FODプレミアム
  • dアニメストア
  • AbemaTV
  • ディズニープラス
  • TSUTAYA DISCAS
  • watcha
  • DMM DVDレンタル
作品名 hulu Amazon Prime Video netflix u-next paravi fod dtv dtv disney-plus d-anime abema_tv tsutaya_tv tsutaya_discas
京都迷宮案内 第1シリーズ 1999年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信
京都迷宮案内 第2シリーズ 2000年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信
京都迷宮案内 第3シリーズ 2001年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信
京都迷宮案内 第4シリーズ 2002年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信
京都迷宮案内 第5シリーズ 2003年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信
新・京都迷宮案内 第6シリーズ 2003年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信
新・京都迷宮案内 第7シリーズ 2004年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信
新・京都迷宮案内 第8シリーズ 2006年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信
新・京都迷宮案内 第9シリーズ 2007年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信
新・京都迷宮案内 第10シリーズ 2008年 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信 未配信

京都迷宮案内の視聴率

京都迷宮案内視聴率ランキング一覧を以下にまとめました。

順位 作品名 平均視聴率 最高視聴率
1位 新・京都迷宮案内 第8シリーズ 13.9 % 16.5 %
2位 新・京都迷宮案内 第10シリーズ 12.7 % 15.0 %
3位 京都迷宮案内 第4シリーズ 12.1 % 16.2 %
4位 京都迷宮案内 第5シリーズ 12.1 % 13.9 %
5位 新・京都迷宮案内 第7シリーズ 11.8 % 15.0 %
6位 新・京都迷宮案内 第9シリーズ 11.8 % 14.2 %
7位 京都迷宮案内 第2シリーズ 11.7 % 13.0 %
8位 新・京都迷宮案内 第6シリーズ 11.2 % 13.3 %
9位 京都迷宮案内 第3シリーズ 10.8 % 12.9 %
10位 京都迷宮案内 第1シリーズ 9.6 % 11.0 %
※ 各作品の動画の視聴方法は、作品名をクリックすると見れます。
※ 視聴率はビデオリサーチ調べ

調査の結果、2020年12月現在、京都迷宮案内 シリーズの動画を見るのに最もお得でオススメなのはamazon_prime_videoで、次にterasad_animeの順でオススメです。

京都迷宮案内シリーズ おすすめVODランキング
月額500円 月額618円 月額440円
無料体験はこちら 無料体験はこちら 無料体験はこちら

なぜ? 京都迷宮案内シリーズを見るのにAmazon プライム・ビデオがオススメなのか?

  • 2020年12月現在、最安値でより多くの作品名シリーズの動画を見ることができるから
  • 違法動画サイトは危険だから

京都迷宮案内シリーズを見るのになぜAmazon プライム・ビデオが一番オススメなのかというと、

日本国内の主要VOD(動画配信サービス)16つを調査した結果、一番安い料金かつ一番多くの作品名シリーズの動画を配信しているためです。
京都迷宮案内シリーズには何作品ものエピソードがあります。京都迷宮案内 シリーズの動画を最大限楽しむために、安さと配信状況を考えると、Amazon プライム・ビデオが一番オススメです。


また、違法な動画サイトで作品名シリーズを視聴するのは危険が潜んでいます。
違法で動画が見れるサイトだからこそ個人情報の流出、インカメラでの盗撮、スマホやパソコンへの侵入や遠隔操作などリスクがたくさんあります。
それに、動画をいい画質で見れなかったり、ちゃんとした音声で見れないなど映画やドラマ、アニメなどを楽しめないことにもつながってストレスです。
なので、公式の映像が見れる国内主要16つのVODを選定し、京都迷宮案内シリーズを安全に視聴できる点も考えています。

京都迷宮案内シリーズをより多く、より安くお得に、より安全に楽しめる最もオススメなのがAmazon プライム・ビデオです!


今すぐ京都迷宮案内 シリーズの動画を見たい方は、一番お得に見れる【京都迷宮案内シリーズの動画を見る 】から動画が見れます。

京都迷宮案内シリーズのおすすめNO.1【Amazon プライム・ビデオ】

Amazon Prime Videoは、月額500円で配信している動画(京都迷宮案内シリーズの動画も含めて)を見放題で見れます。

Amazon Prime Videoの料金プラン
一般 月額500円
年額4,900円
学生 月額250円
年額2,450円

Amazon Prime Videoは、動画をスマホやタブレットにダウンロードすることで、オフラインで動画を見ることができます。

何台でもPrime Videoは使うことができ、同時に3台でデバイスで動画を見ることができるので、家族でPrime Videoのアカウントをシェアして見る使い方もできます。

また、Prime Videoには作品をレンタルできるので、他のVOD(動画配信サービス)では見れないような人気作、最新作をレンタルして見ることもできます。

Amazon Prime Videoの機能
  • 動画のダウンロード
  • ダウンロードできるデバイスは2台
  • 同時に視聴できるデバイスは3台
  • オフライン再生と併用で5台同時視聴
  • レンタルもできる

Amazon Prime Videoは、無料で体験することができます。

一般の方は30日間、学生の方は6ヶ月間無料で動画が見放題できるので、京都迷宮案内シリーズの動画を無料でたくさん見てください!

いつでもキャンセルでき、体験期間内に解約すれば料金は発生しません。

Amazon Prime Videoの無料体験
  • 一般の方は30日間
  • 学生の方は6ヶ月
  • いつでもキャンセルOK
  • 無料体験期間内に解約で月額料金は発生しない

京都迷宮案内シリーズの動画をAmazon Prime Videoで無料で見るなら、こちらAmazon Prime Videoを無料で使うのAmazon Prime Video公式サイトから今すぐ始められます。

京都迷宮案内シリーズのおすすめNO.2【TERASA(テラサ)】

TERASA(テラサ)は、月額618円で配信している動画(京都迷宮案内シリーズの動画も含めて)を見放題で見れます。

TERASA(テラサ)の料金プラン
月額618円

TERASA(テラサ)は、動画をダウンロードできるので、京都迷宮案内シリーズの動画もダウンロードすれば外出先でもオフライン再生で見れます。

また、毎月550円分のコインがもらえるので、追加料金なしでレンタル作品の視聴も可能!

さらに、TERASA(テラサ)を使っていれば、トーホーシネマズやユナイテッドシネマ、シネプレックスで見る映画料金が割引価格になります。

TERASA(テラサ)の機能
  • 動画のダウンロード
  • 毎月550円分のコインをもらえる
  • 映画館が割引に
  • レンタル作品もあり

TERASA(テラサ)は、初回31日間だけ無料で使えるキャンペーンを行っています。

京都迷宮案内シリーズの動画を無料で見ることができ、31日以内に解約すれば月額料金は発生しません。

映画チケットがお得になる割引特典も使えます。

TERASA(テラサ)の無料体験
  • 31日間無料
  • いつでもキャンセルOK
  • 無料体験期間内に解約で月額料金は発生しない
  • 映画の割引も使える

京都迷宮案内シリーズの動画をTERASA(テラサ) で無料で見るなら、こちらTERASA(テラサ)を無料で使う のTERASA(テラサ)公式サイトから今すぐ始められます。

京都迷宮案内シリーズのおすすめNO.3【dアニメストア】

Dアニメストアは、月額440円で配信している動画(京都迷宮案内シリーズの動画も含めて)を見放題で楽しめます。

Dアニメストアの料金プラン
月額440円

Dアニメストアは、動画をダウンロードしてオフラインで見れるので、京都迷宮案内シリーズの動画もダウンロードすればオフラインで視聴が可能です。

いつでもどこでも京都迷宮案内シリーズの動画がDアニメストアで見放題できます。

レンタル作品もあり、他のVOD(動画配信サービス)では配信されていない人気作品や新作を見れ、レンタル料にdポイントも使えるのでdocomoユーザーにオススメな一面もあります。

Dアニメストアの機能
  • 動画のダウンロード
  • 5台のデバイスを登録可能
  • レンタル(dポイント使用可能)

Dアニメストアには、31日間の無料体験があります。

京都迷宮案内シリーズの動画を無料で見れるチャンスなので、まずはDアニメストアの無料体験から始めるのがオススメ!

いつでもキャンセルでき、無料体験のうちに解約すれば月額料金は請求されません。

Dアニメストアの無料体験
  • 31日間無料
  • いつでもキャンセルOK
  • 無料体験期間内に解約で月額料金は発生しない

京都迷宮案内シリーズ の動画をDアニメストアで無料で見るなら、こちらDアニメストアを無料で使うのDアニメストア公式サイトから今すぐ始められます。

dアニメストア

まとめ

京都迷宮案内シリーズの動画を見るのに、一番オススメのVOD(動画配信アプリ)は、Amazon プライム・ビデオです。

Amazon プライム・ビデオが一番オススメな理由は、たった1つです。

京都迷宮案内シリーズの各エピソード、各シリーズの動画を一番安く、一番多い数の動画を見ることができるから

Amazon プライム・ビデオには、無料体験があります。

いつでもキャンセルができ、無料体験期間の間に解約することで月額料金は発生しません。

まずは、無料体験で作品名シリーズの動画を時間が許す限り思う存分楽しんでください!
無料体験はこちら

この記事では、「京都迷宮案内シリーズの動画を見る方法まとめ」をご紹介しました。

京都迷宮案内シリーズあらすじ一覧

京都迷宮案内 第1シリーズ

配信なし

1999年1月14日に『京都迷宮案内』としてスタート。このタイトルでは、通算5シリーズが放送された。

↓↓↓京都迷宮案内 第1シリーズの配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

京都迷宮案内 第2シリーズ

配信なし

1999年1月14日に『京都迷宮案内』としてスタート。このタイトルでは、通算5シリーズが放送された。

↓↓↓京都迷宮案内 第2シリーズの配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

京都迷宮案内 第3シリーズ

配信なし

1999年1月14日に『京都迷宮案内』としてスタート。このタイトルでは、通算5シリーズが放送された。

↓↓↓京都迷宮案内 第3シリーズの配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

京都迷宮案内 第4シリーズ

配信なし

1999年1月14日に『京都迷宮案内』としてスタート。このタイトルでは、通算5シリーズが放送された。

↓↓↓京都迷宮案内 第4シリーズの配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

京都迷宮案内 第5シリーズ

配信なし

1999年1月14日に『京都迷宮案内』としてスタート。このタイトルでは、通算5シリーズが放送された。

↓↓↓京都迷宮案内 第5シリーズの配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

新・京都迷宮案内 第6シリーズ

配信なし

1999年1月14日に『京都迷宮案内』としてスタート。このタイトルでは、通算5シリーズが放送された。 2003年10月30日からスタートした第6シリーズから、タイトルが現在の『新・京都迷宮案内』と改まり、物語の舞台を架空の新聞社「京都日報」の京都府警記者クラブから、本社社会部へ移した。だが“京都で生活している人たちの「心の迷宮」を、主人公の新聞記者・杉浦恭介が人と違った視点で解き明かしていく”という番組のテーマは、リニューアル前から変わっていない。 『新・京都迷宮案内』ではシリーズを重ねるにつれ、事件性による作品構成ではなく、何気ない事柄から見えてくる、ゲストやその周辺にスポットを当てた深く多面的な心の機微を描いた人間描写が多くなっている。

↓↓↓新・京都迷宮案内 第6シリーズの配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

新・京都迷宮案内 第7シリーズ

配信なし

1999年1月14日に『京都迷宮案内』としてスタート。このタイトルでは、通算5シリーズが放送された。 2003年10月30日からスタートした第6シリーズから、タイトルが現在の『新・京都迷宮案内』と改まり、物語の舞台を架空の新聞社「京都日報」の京都府警記者クラブから、本社社会部へ移した。だが“京都で生活している人たちの「心の迷宮」を、主人公の新聞記者・杉浦恭介が人と違った視点で解き明かしていく”という番組のテーマは、リニューアル前から変わっていない。 『新・京都迷宮案内』ではシリーズを重ねるにつれ、事件性による作品構成ではなく、何気ない事柄から見えてくる、ゲストやその周辺にスポットを当てた深く多面的な心の機微を描いた人間描写が多くなっている。 第7シリーズ第5話では、主題歌を唄う唐沢美帆がゲスト出演。同シリーズでは第1話にて『京都地検の女』で「鶴丸あや」を演じる名取裕子、「北村鉄男」を演じる船越英一郎、「太田事務官」を演じる渡辺いっけいが、同ドラマと全く同じ役で出演し、話題になった。(2005年1月13日の『京都地検の女』第1話では、橋爪が「杉浦恭介」として出演するという“お返し”が行われた)

↓↓↓新・京都迷宮案内 第7シリーズの配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

新・京都迷宮案内 第8シリーズ

配信なし

1999年1月14日に『京都迷宮案内』としてスタート。このタイトルでは、通算5シリーズが放送された。 2003年10月30日からスタートした第6シリーズから、タイトルが現在の『新・京都迷宮案内』と改まり、物語の舞台を架空の新聞社「京都日報」の京都府警記者クラブから、本社社会部へ移した。だが“京都で生活している人たちの「心の迷宮」を、主人公の新聞記者・杉浦恭介が人と違った視点で解き明かしていく”という番組のテーマは、リニューアル前から変わっていない。 『新・京都迷宮案内』ではシリーズを重ねるにつれ、事件性による作品構成ではなく、何気ない事柄から見えてくる、ゲストやその周辺にスポットを当てた深く多面的な心の機微を描いた人間描写が多くなっている。

↓↓↓新・京都迷宮案内 第8シリーズの配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

新・京都迷宮案内 第9シリーズ

配信なし

1999年1月14日に『京都迷宮案内』としてスタート。このタイトルでは、通算5シリーズが放送された。 2003年10月30日からスタートした第6シリーズから、タイトルが現在の『新・京都迷宮案内』と改まり、物語の舞台を架空の新聞社「京都日報」の京都府警記者クラブから、本社社会部へ移した。だが“京都で生活している人たちの「心の迷宮」を、主人公の新聞記者・杉浦恭介が人と違った視点で解き明かしていく”という番組のテーマは、リニューアル前から変わっていない。 『新・京都迷宮案内』ではシリーズを重ねるにつれ、事件性による作品構成ではなく、何気ない事柄から見えてくる、ゲストやその周辺にスポットを当てた深く多面的な心の機微を描いた人間描写が多くなっている。

↓↓↓新・京都迷宮案内 第9シリーズの配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓

新・京都迷宮案内 第10シリーズ

配信なし

1999年1月14日に『京都迷宮案内』としてスタート。このタイトルでは、通算5シリーズが放送された。 2003年10月30日からスタートした第6シリーズから、タイトルが現在の『新・京都迷宮案内』と改まり、物語の舞台を架空の新聞社「京都日報」の京都府警記者クラブから、本社社会部へ移した。だが“京都で生活している人たちの「心の迷宮」を、主人公の新聞記者・杉浦恭介が人と違った視点で解き明かしていく”という番組のテーマは、リニューアル前から変わっていない。 『新・京都迷宮案内』ではシリーズを重ねるにつれ、事件性による作品構成ではなく、何気ない事柄から見えてくる、ゲストやその周辺にスポットを当てた深く多面的な心の機微を描いた人間描写が多くなっている。

↓↓↓新・京都迷宮案内 第10シリーズの配信や作品情報は以下でも紹介しています。↓↓↓
この記事の執筆者
pechache
pechache

アニメ・ドラマが大好きなエンジニア!時間がある時はドラマ・アニメを見いるエンタメマニア! また、カワウソを愛しカワウソに似ている

京都迷宮案内シリーズ作品一覧