自分に合った動画アプリ(vod)を見つけよう!
  • 掲載記事数 377 記事
  • 作品登録数 7632 作品

2021年4月版!UQモバイルの料金とその仕組み!おすすめの人とは?

更新日:2021年04月10日
UQモバイル
UQモバイルの料金って安いの?どうなの?
UQモバイルの料金とその仕組を詳しく知りたい!結局お得なの?
UQモバイルがおすすめできる人ってどんな人?そもそもUQモバイルはオススメ?

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、『UQモバイルの料金とその仕組』についてご紹介していきます。

 

UQモバイルの料金プランはどんな感じなのか?安いのか?高いのか?

UQモバイルをおすすめできる人がどんな人なのか?

UQモバイルの料金とその中身を一緒に見ていきましょう!

 

UQモバイルの料金プラン

UQモバイルには、3つの料金プランがあります。

  • くりこしプランS
  • くりこしプランM
  • くりこしプランL

 

そして、これらの3つのプランには、通常の方が利用するプランと18歳以下の方が適用の学割プランがあります。

それぞれの料金プランとその中身をまとめると以下の表のようになります。

 

くりこしプランS

くりこしプランM

くりこしプランL

月額料金

1,628円/月(税込)

2,728円/月(税込)

3,828円/月(税込)

学割

900円/月(税込)

9ヶ月目から1,628円/月(税込)

900円/月(税込)

9ヶ月目から2,728円/月(税込)

2,090円/月(税込)

9ヶ月目から3,828円/月(税込)

1ヶ月で使えるデータ通信量

3GB

15GB

25GB

速度制限

最大300Kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

通話料

22円/30秒

データ通信のくりこし

余ったデータ通信量は翌月にくりこし

最大60分電話かけ放題/月

+550円(税込)/月

国内通話10分かけ放題

+770円(税込)/月

国内通話かけ放題

+1,870円(税込)/月

UQモバイルのキャリアメール

+220円(税込)/月

電話基本パック

+418円(税込)/月

 

UQモバイルの料金は、くりこしプランSは月3GB使えて月額1,628円、くりこしプランMは月15GBで月額2,728円、くりこしプランLが月25GBで月額3,828円となっています。

また、18歳以下の方が適用できる学割プランは8ヶ月間割引が適用されて、くりこしプランSが月額900円、くりこしぷらんMが月額900円、くりこしプランLが2,090円となります。9ヶ月目からは割引はなくなり通常の料金となります。

 

UQモバイルの料金プランの特徴は、月に使えるデータ通信量が余った場合、次の月にくりこしができることです。

そのため、例えばくりこしプランMで月に15GB使えるプランを使っていて、5月が10GB使った場合、残りの5GBは次の次に繰り越されて、6月は契約の15GBにくりこされた5GBが加わった20GBが使用できます。

しかし、ここで注意したいのは、くりこせるデータ通信量はプランによって上限が決まっていることです。

UQモバイルの料金プラン

くりこしの最大ギガ

くりこしプランS

最大3GB

くりこしプランM

最大15GB

くりこしプランL

最大25GB

くりこせるデータ通信量は、くりこしプランSが最大3GB、くりこしプランMが最大15GB、くりこしプランLが最大25GBとなります。

契約しているデータ通信量以上にくりこしはできないのでこの点は注意が必要です。

 

また、月に使えるデータ通信量が契約数を超えた場合は、通信制限がかかります

この時、くりこしプランSは最大300Kbpsの通信に制限がされ、これはほぼ何もできなくなると思ってもいいくらい通信速度は遅くなります。

くりこしプランMとくりこしプランLは最大1Mbpsの制限がされます。これは、低画質での動画視聴や低音質での音楽再生、Web検索、SNSなどが遅めの速度で使えます。しかし、時間帯や場所によっては通信が重くなり、快適なネット環境ではなくなるので通信制限には注意したいところです。

 

UQモバイルのオプション料金

UQモバイルは、基本料金とは別にプラスで料金を払うことで、以下のオプションを付けられます。

  • 1ヶ月で最大60分間の電話かけ放題
  • 国内通話10分かけ放題
  • 国内通話かけ放題
  • UQモバイルのキャリアメール
  • 電話基本パック(留守番電話など)

 

それぞれの料金は、月額で以下の表のようになっています。

UQモバイルのオプション

料金

最大60分電話かけ放題/月

+550円(税込)/月

国内通話10分かけ放題

+770円(税込)/月

国内通話かけ放題

+1,870円(税込)/月

UQモバイルのキャリアメール

+220円(税込)/月

電話基本パック(留守番電話など)

+418円(税込)/月

基本料金にプラスして、これらのオプション料金が発生する仕組みとなっています。

 

UQモバイルの基本料金とオプション料金をまとめた表が以下のとおりです。

 

くりこしプランS

くりこしプランM

くりこしプランL

月額料金

1,628円/月(税込)

2,728円/月(税込)

3,828円/月(税込)

学割

900円/月(税込)

9ヶ月目から1,628円/月(税込)

900円/月(税込)

9ヶ月目から2,728円/月(税込)

2,090円/月(税込)

9ヶ月目から3,828円/月(税込)

1ヶ月で使えるデータ通信量

3GB

15GB

25GB

速度制限

最大300Kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

通話料

22円/30秒

データ通信のくりこし

余ったデータ通信量は翌月にくりこし

最大60分電話かけ放題/月

+550円(税込)/月

国内通話10分かけ放題

+770円(税込)/月

国内通話かけ放題

+1,870円(税込)/月

UQモバイルのキャリアメール

+220円(税込)/月

電話基本パック

+418円(税込)/月

 

1ヶ月で最大60分間の電話かけ放題

1ヶ月に電話をかけ放題できる時間が60分までと決まっているオプションです。

基本料金に+550円(税込)/月で利用可能

 

国内通話10分かけ放題

10分間の国内通話なら何回でもかけ放題できるオプションです。

基本料金に+770円(税込)/月で利用可能

 

国内通話かけ放題

時間制限なく、電話がかけ放題できるオプションです。

基本料金に+1,870円(税込)/月で利用可能

 

UQモバイルのキャリアメール

UQモバイルのキャリアメール「@uqmobile.jp」のメールアドレスが使えるオプションです。

基本料金に+220円(税込)/月で利用可能

 

電話基本パック

留守番電話、三人同時電話、指定した電話番号から直接電話がかかってこなくなる、この3つのサービスが一緒になってオプションです。

基本料金に+418円(税込)/月で利用可能

 

UQモバイルを契約する前にチェック必須の6つの注意点

UQモバイルを契約する前に、チェックしておきたい6つの注意点は以下です。

  • 通話はオプションに入らないと22円/30秒かかる
  • くりこせるデータ通信量は上限がある
  • 割引はない
  • 直近3日に6GB以上使っても通信制限
  • 本当にUQモバイルが安いのか?
  • 学割は期間限定

 

通話はオプションに入らないと22円/30秒かかる

UQモバイルの料金プランには、通話料金は含まれておらず、そのプランでも30秒ごとに22円の通話料が発生する仕組みです。

 

くりこしプランS

くりこしプランM

くりこしプランL

月額料金

1,628円/月(税込)

2,728円/月(税込)

3,828円/月(税込)

学割

900円/月(税込)

9ヶ月目から1,628円/月(税込)

900円/月(税込)

9ヶ月目から2,728円/月(税込)

2,090円/月(税込)

9ヶ月目から3,828円/月(税込)

1ヶ月で使えるデータ通信量

3GB

15GB

25GB

速度制限

最大300Kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

 

そのためUQモバイルでは、通話のオプションが3つ用意されていますが、これらを使用することで基本料金が割高となります。

UQモバイルのオプション

料金

最大60分電話かけ放題/月

+550円(税込)/月

国内通話10分かけ放題

+770円(税込)/月

国内通話かけ放題

+1,870円(税込)/月

電話基本パック

+418円(税込)/月

 

  • 通話はするのか?
  • LINEの通話ですむのか?
  • 一ヶ月でどのくらいの通話をするのか?

これらを検討してプランを選ばないと格安SIMのUQモバイルですが、かえって損をしてしまう可能性もあります。

通話料金は注意してください。

 

くりこせるデータ通信量は上限がある

UQモバイルのプランの特徴として、使い切らなかった余ったデータは、翌月に繰り越せるというものがあります。

この仕組のおかげで、データ通信量をムダにすることなく、余っても翌月使えるのでお得感があります。

しかし、くりこしができるデータ通信量はプランによって上限が設定されているため、無限とくりこせるわけではありません。

UQモバイルの料金プラン

くりこしの最大ギガ

くりこしプランS

最大3GB

くりこしプランM

最大15GB

くりこしプランL

最大25GB

一ヶ月に使用するデータ通信量が基本となるデータ通信量とほば同じくらいでないと後々損をしてしまうので、今使っているデータ通信量が月にどのくらいなのかをチェックしてからプランを選ぶことをおすすめします。

 

割引はない

2021年4月現在、新規でUQモバイルを契約する場合は、家族割りなどの割引はありません。

割引が適用されるのは、18歳以下の方が利用できる学割のみになります。

 

家族でスマホキャリアを一緒にして、みんなでスマホ料金を安くしたいと考えている方はYmobileがおすすめです!

Ymobileは、主回線の方と血縁関係、婚姻関係、同住所の3つに当てはまる方なら家族割りが対象になり、約1,000円割引されます。

1人で使うならUQモバイルの方がメリットはありますが、家族みんなでスマホを安くするならYmobileのほうがメリットが多くオススメです

→ 2021年4月版!Ymobileの料金プラン!どんな人にオススメ?

 

直近3日に6GB以上使っても通信制限

UQモバイルのプランごとに決まっているデータ通信量を使い切ってしまった場合は、通信制限になります。

しかし、これだけではなく、直近3日間で6GB以上のデータ通信量を使用した場合は、翌月に通信制限となります。

これはUQモバイル公式サイトに小さな文字で記載されているので注意しましょう。


UQモバイル公式サイトより

 

本当にUQモバイルが安いのか?

UQモバイルの料金プランをもう一度チェックしてみましょう。

 

くりこしプランS

くりこしプランM

くりこしプランL

月額料金

1,628円/月(税込)

2,728円/月(税込)

3,828円/月(税込)

学割

900円/月(税込)

9ヶ月目から1,628円/月(税込)

900円/月(税込)

9ヶ月目から2,728円/月(税込)

2,090円/月(税込)

9ヶ月目から3,828円/月(税込)

1ヶ月で使えるデータ通信量

3GB

15GB

25GB

速度制限

最大300Kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

通話料

22円/30秒

データ通信のくりこし

余ったデータ通信量は翌月にくりこし

UQモバイルのプランには、通話料金やキャリアメール、留守番電話の料金は含まれていません。

これらを利用するには追加料金が発生します。

 

UQモバイルの料金は格安SIMの中でも若干高い傾向があり、これはUQモバイルの店舗があるためその分人件費がかかり、基本料金も高めに設定されています。

いい意味で言えばサポートがしっかりとしているのでいざという時安心できますが、裏を返せば必要のないところにムダに料金を払ってしまっている可能性もあるのです。

スマホ料金をできるだけ抑えたいという方は、ahamo、povo、LINEMO、楽天モバイルあたりもチェックしておくのがオススメです!

→ 2021年4月最新!ahamoの料金、注意点など総まとめ

→ povoとは?2021年4月最新!料金や注意点を総まとめ

 LINEMOとは?料金や契約前に知っておきたい5個の注意点

→ 2021年4月版!楽天モバイルの料金プラン・形態

 

学割は期間限定

UQモバイルは、18歳以下の方が利用できる学割があります。学生でなくても対象です。

学割を適用することで通常よりもスマホ料金を安くすることができますが、ここには注意が必要です。

学割を適用できるのは、8ヶ月間のみで、9ヶ月目からは通常の料金に戻ってしまいます。

半永久的な学割でないことをしっかりとチェックしておくことをおすすめします。

 

くりこしプランS

くりこしプランM

くりこしプランL

月額料金

1,628円/月(税込)

2,728円/月(税込)

3,828円/月(税込)

学割

900円/月(税込)

9ヶ月目から1,628円/月(税込)

900円/月(税込)

9ヶ月目から2,728円/月(税込)

2,090円/月(税込)

9ヶ月目から3,828円/月(税込)

1ヶ月で使えるデータ通信量

3GB

15GB

25GB

速度制限

最大300Kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

また、契約者が未成年の場合は、親権者の方とショップに来店する手間もあります。

 

UQモバイルは学割が使えますが、家族割りは使えません。

家族割りが使える格安SIMには、UQモバイルと同じ立ち位置のワイモバイルがあります。

UQモバイルとワイモバイルの比較は次の記事で解説しています。

 ワイモバイル vs UQモバイル!8つの比較であなたにオススメを解説!

 

UQモバイルをオススメできる人の4つの特徴

UQモバイルをおすすめできる人の特徴は以下の4つです。

  • 電話はLINEでほぼ済む
  • au回線の安定した通信を使いたい
  • データ通信量を無駄なく使い倒したい
  • 店舗でのサポートは安心のためにあったほうがいい

 

電話はLINEでほぼ済む

UQモバイルの基本プランには、通話料は含まれていません。

そのため、通話は30秒ごとに22円またはオプションに加入する必要があります。

スマホ料金を安くしたいのであれば通話はLINEですませて、UQモバイルの電話番号で電話はしないようにすることをおすすめします。

通話も使いたいのであれば、通話料のオプション加入が良いですが、それではスマホ料金が高くなってしまいます。

格安SIMのahamoや楽天モバイルなら通話料も含んで、スマホ料金が安めになっているので、検討してみてもいいでしょう。

→ 2021年4月最新!ahamoの料金、注意点など総まとめ

→ 2021年4月版!楽天モバイルの料金プラン・形態

 

au回線の安定した通信を使いたい

UQモバイルは、大手3大キャリアのauの回線を使用しています。

回線の安定感、通信の速度、使えるエリアは安心して使えるメリットがあります。

 

データ通信量を無駄なく使い倒したい

UQモバイル最大の特徴は、余ったデータ通信量を翌月に繰り越せることです。

Wi-Fi環境があまりない方は、データ通信を無駄なく使えるのでおすすめです。

 

店舗でのサポートは安心のためにあったほうがいい

UQモバイルは、店舗でのサポートや手続きができます。

これは、何かあったときはとりあえず店舗に行けばどうにかしてくれるということで、この点は安心できる材料です。

店舗でのサポートが必要なく、スマホで自分で手続きができるという方は、店舗を持たないahamo、povo、LINEMOを使用することでスマホ料金をより安くすることができておすすめです。

→ 15の視点で比較!ahamo、povo、LINEMOの違いとオススメとは?

 

この記事の執筆者
なべ
なべ

休日には映画を見て、時間がある時はドラマを見て、ひとりでいる時は音楽を聴いている趣味「エンタメ」な人間です! また、動画配信アプリは11個、音楽配信アプリは12個登録して使い比べている「エンタメアプリオタク」でもあります。

 カテゴリ関連記事