自分に合った動画アプリ(vod)を見つけよう!
  • 掲載記事数 380 記事
  • 作品登録数 7748 作品

2021年4月版!BIGLOBEモバイルはおすすめ?料金プランと使うべき人とは?

更新日:2021年04月12日
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイルってスマホの料金は安いの?どうなの?
BIGLOBEモバイルの料金プランとその中身をしっかりと知りたい!
BIGLOBEモバイルって他の格安SIMと比べてどうなの?安い?どんな人にオススメ?

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、『BIGLOBEモバイルの料金プランと使うべき人の特徴』についてご紹介していきます。

 

BIGLOBEモバイルは、格安SIMの中でも知名度や人気度は高めの格安SIMです。

他の格安SIMにはない特徴的な料金オプションもあり、スマホをよりお得に楽しめる可能性もあります。

BIGLOBEモバイルの中身を一緒に見ていきましょう!

 

BIGLOBEモバイルの料金とプラン内容

BIGLOBEモバイルのスマホ料金は、以下の4つで構成されています。

【初期費用】+【プラン月額料金】+【通話料・SMS料】+【オプション料】

BIGLOBEモバイルの料金の構成
初期費用 BIGLOBEモバイルを契約した最初だけ支払う手数料
プラン月額料金

BIGLOBEモバイルのスマホ料金もメインどころ

データ通信量とSIMの機能でプランを選べる

通話料・SMS料 電話やSMSを使用した時のみ発生する料金
オプション料 オプションを追加した時のみ発生する料金

 

初期費用

BIGLOBEモバイルを契約した最初だけ発生する手数料です。

初期費用

プラン申込手数料 3,300円
SMSカード準備料 433円

 

BIGLOBEモバイルを契約した際は、プラン申込手数料として3,300円(税込み)とSIMカードの準備料として433円(税込み)、合計3,733円(税込み)が発生します。

これは、契約をした時のみに発生する料金なので、一度支払ったら終了です。

 

以下は、他の格安SIMの初期費用をまとめたものです。

キャリア名

初期費用

BIGLOBEモバイル

申込手数料:3,300円

SIM手数料:433円

ahamo

初期手数料0円

povo

初期手数料0円

LINEMO

初期手数料0円

楽天モバイル

初期手数料0円

Ymobile

申込手数料:3,300円

UQモバイル

申込手数料:3,300円

IIJ mio

申込手数料:3,300円

SIM手数料:433円(SIMカード)、220円(eSIM)

OCN モバイル ONE

申込手数料:3,300円

SIM手数料:433円

大手3キャリアの格安ブランド(ahamo、povo、LINEMO)と楽天モバイルは、初期費用は0円で契約できます。

YmobileとUQモバイルは、Softbankとauのサブブランドで、申込手数料(3,300円)が発生します。

格安SIMにあたるBIGLOBEモバイル、IIJ mio、OCN モバイル ONEは、申込手数料(3,300円)とSIM手数等(433円)がかかるようになっています。

これは、格安SIMは大手キャリアから回線を借りているため、手数料がいくぶんかかかってしまいますが、格安SIMというだけあって料金プランは大手キャリアに負けない安さや特徴があります。

初期費用だけで、BIGLOBEモバイルを使おうとか、大手3キャリアの格安ブランド(ahamo、povo、LINEMO)や楽天モバイルがいいよねといったことではないので、料金プランの中身をしっかりとチェックしていくことをおすすめします。

 

プラン月額料金

BIGLOBEモバイルには、2つのプランがあり、その2つのプランの中身さらに料金プランがあります。

 

  • 音声通話SIMのプラン
  • データSIM専用のプラン

音声通話SIMプランは、今使っている電話番号で通話ができ、データ通信を使ってインターネットにスマホをつなげるプランです。

データSIM専用のプランは、電話番号を使って電話はできないが、その分料金が安くなるプランです。

 

音声通話SIMの料金

音声通話SIMの料金プラン

プラン

月額料金

1GBプラン

1,078円

3GBプラン

1,320円

6GBプラン

1,870円

12GBプラン

3,740円

20GBプラン

5,720円

30GBプラン

8,195円

※税込み

BIGLOBEモバイルの音声通話SIMは、6つの料金プランから選択できます。

プラン名にある通り、プランに応じて1ヶ月で使用できるデータ通信量が決まっており、1GBプランの場合は、1ヶ月に1GBのデータ通信が使用できます。

 

データSIM専用の料金

データSIM専用の料金プラン

プラン

データ通信+SMSの料金

データ通信のみの料金

3GBプラン

1,122円 990円

6GBプラン

1,727円 1,595円

12GBプラン

3,102円 2,970円

20GBプラン

5,082円 4,950円

30GBプラン

7,557円 7,425円

※税込み

データSIMには、データ通信量とSMSが使える(通話ができない)プランとデータ通信量のみ(通話とSMSができない)の2つの料金プランがあります。

機能が制限されている分、月額料金は安くなる傾向にあります。

 

通話料・SMS料

BIGLOBEモバイルでは、通話やSMSを使用すると、使用した分料金が発生する仕組みになっています。

通話料

国内通話料

22円/30秒

海外通話料

国・地域によって異なる

BIGLOBEモバイルで国内通話を使った場合は、30秒ごとに22円の通話料金が発生する仕組みです。

海外通話は、国や地域に応じて料金が変わってきます。詳しくはau公式サイト(BIGLOBEモバイルが使用するキャリアのため)に記載されています。

 

また、BIGLOBEモバイルには、「BIGLOBEでんわ」というアプリがあり、このアプリを使って電話をかけることで、通常よりも通話料を抑えられます。

アプリのインストールや使用料は無料で、電話番号もそのままで使用できます。

BIGLOBEでんわを使った時の通話料

国内通話料

10円/30秒

海外通話料

20円/30秒

普通に電話をかけるよりお得なので、電話をあまり使わない方は、このBIGLOBEでんわで事足りるでしょう。

 

オプション料

BIGLOBEモバイルでは、様々なオプションが用意されています。

その中でも特にチェックしておきたいオプションをご紹介していきます。

オプション名

料金

内容

BIGLOBEでんわ3分かけ放題 月額660円 3分以内のBIGLOBEでんわを使用した国内通話が無料
BIGLOBEでんわ10分かけ放題 月額913円 10分以内のBIGLOBEでんわを使用した国内通話が無料
BIGLOBEでんわ通話パック60 月額660円 最大60分間BIGLOBEでんわが無料で使える
BIGLOBEでんわ通話パック90 月額913円 最大90分間BIGLOBEでんわが無料で使える
スマート留守電 月額319円 留守番電話が使え、メッセージをテキストで見れる
エンタメフリー・オプション 月額308円 対象サービスのデータ通信量が制限なく使える

 

通話に関するオプションは、5つあります。

  • BIGLOBEでんわ3分かけ放題
  • BIGLOBEでんわ10分かけ放題
  • BIGLOBEでんわ通話パック60
  • BIGLOBEでんわ通話パック90
  • スマート留守電

電話をかけるオプションに関しては、どれもBIGLOBEでんわのアプリを使用したオプションとなっており、月額料金を支払うことで通話がお得になるオプションです。

1ヶ月のうちに電話をどのくらいかけるかによって選択肢は変わってきます。

LINEやZOOMなど無料で使える通話サービスで間に合っている方は、オプションに入るとスマホ料金が高くなるので、ご自身がどのくらい電話をかけるかによって決めるのが良いでしょう。

 

次に、BIGLOBEモバイルには「エンタメフリー・オプション」というオプションがあります。

これは、対象のサービスを使用してもデータ通信量がカウントされず、制限なく使用できる月額308円のオプションです。

対象となるサービスは以下の通りで、これらのアプリを使用してもデータ通信がカウントされないため、1ヶ月に使用できるデータ通信を別のアプリに回すことができてとてもお得なオプションです。

  • Youtube
  • Youtube Kids
  • ABEMA
  • U-NEXT
  • Youtube Music
  • Apple Music
  • Spotify
  • AWA
  • Amazon Music
  • LINE MUSIC
  • radiko
  • らじる★らじる
  • dヒッツ
  • RecMusic
  • 楽天ミュージック
  • dマガジン
  • dブック
  • 楽天マガジン
  • 楽天Kobo
  • Facebook Messenger
  • au PAY マーケット

これらのアプリを使用する頻度がとても大きいのであれば、月額308円を払ってでもオプションを使った方が別のアプリにもデータ通信を回せ、これらのアプリも制限なく楽しめるのでお得度はとても高いです。

 

BIGLOBEモバイルの家族割

BIGLOBEモバイルには、2回線目以降がずっと月額200円引きになる家族割があります。

BIGLOBEモバイルの家族割

割引価格

毎月200円引き

回線の数

2回線目~4回線目まで

家族割の対象

  • 同居している家族
  • 離れて暮らす家族
  • 親戚

など(別住所・別姓も可)

必要書類

不要

対象年齢

20歳未満の場合は保護者が契約書となる

 

BIGLOBEモバイルの家族割は、2回線目から有効で、4回線目まで追加が可能です。

そのため、家族3人のスマホ料金が毎月200円安くなるということになります。

 

また、家族割の対象は、別姓でも別住所でも可で、主回線の家族が対象となっています。

家族割を適用する際に、書類が必要ないという点は、ムダな手間もなく楽に使えてメリットです。

 

BIGLOBEモバイルの家族割りはお得?

BIGLOBEモバイルには家族割がありますが、他の格安SIMにも家族割があるキャリアがあります。

それが、Ymobileです。

 

Ymobileには家族割りがあり、家族割りの中身だけを見るとBIGLOBEモバイルよりもやや優勢といったところでしょうか。

BIGLOBEモバイルとYmobileの家族割を以下の表で比較しました。

特徴

BIGLOBEモバイルの家族割

Ymobileの家族割

割引価格

毎月200円引き

毎月1,188円引き

回線の数

2回線目~4回線目まで 2回線目~9回線目まで

データ通信量と家族割適用料金

  • 1GB:858円
  • 3GB:1,100円
  • 6GB:1,650円
  • 12GB:3,520円
  • 20GB:5,500円
  • 30GB7,975円
  • 3GB:990円
  • 15GB:2,090円
  • 25GB:2,970円

家族割の対象

  • 同居している家族
  • 離れて暮らす家族
  • 親戚

など(別住所・別姓も可)

  • 血縁関係
  • 婚姻関係
  • 同住所

(別住所・別姓も可)

必要書類

不要

  • 家族確認書類

対象年齢

20歳未満の場合は保護者が契約者となる 12歳以上未成年の場合は親権者同意書などが必要

 

家族割での値引き価格、追加できる回線の数は、BIGLOBEモバイルよりもYmobileの方がお得です。

その分書類を用意してちゃんと家族であることを確認する必要があり、家族割を適用する時だけBIGLOBEモバイルよりも手間が一つあります。

一緒に住む家族、離れた家族みんなでスマホ料金を安くしたいのであれば、Ymobileをチェックすることをおすすめします!

 Ymobileの料金プランとは?どんな人にオススメか徹底解説!

 

BIGLOBEモバイルのシェアSIM

BIGLOBEモバイルには、家族割とは別にもう一つお得な特徴があり、それが「シェアSIM」です。

シェアSIMとは、1つの契約で複数のSIMカードで共有して利用できるものです。

 

例えば、BIGLOBEモバイルで、12GBのプランを契約したとします。(月額3,740円)

この場合は、1つのSIM(例えばiPhoneだけ)でデータ通信を使用することになります。

音声通話SIMの料金プラン

プラン

月額料金

1GBプラン

1,078円

3GBプラン

1,320円

6GBプラン

1,870円

12GBプラン

3,740円

20GBプラン

5,720円

30GBプラン

8,195円

 

ここで、SIMシェアを利用すると、12GBのデータ通信量を複数のSIM(例えば、家族のスマホや自分のタブレットなど)でシェアすることができるのです。

2枚のSIMを追加したとすると、主回線と追加した2回線の3つの回線で12GBのデータ通信量をシェアできます。

これがBIGLOBEモバイルのシェアSIMです。

 

BIGLOBEモバイルのシャアSIMについては以下の表にまとめました。

BIGLOBEモバイルのシェアSIM

シェア可能プラン

3GB以上のプラン

シェアSIMのタイプ
  • 音声通話SIM
  • SMS・データ通信SIM
  • データ通信専用SIM

追加できる枚数

4枚まで

月額料金

  • 音声通話SIM:月額990円
  • SMS・データ通信SIM:月額352円
  • データ通信専用SIM:月額220円

初期費用

  • 手数料:3,300円
  • SIM手数料:433円

 

BIGLOBEモバイルのシェアSIMはお得?

BIGLOBEモバイルのシェアSIMという仕組みは、使いようによってはスマホ料金を抑えられるお得なものです。

ですが、シェアSIMを提供している他の格安SIMもいます。

それはOCN モバイル ONEです。

 

OCN モバイル ONEは、BIGLOBEモバイルよりもシェアSIMの特徴としてはお得感があります。

BIGLOBEモバイルとOCN モバイル ONEのシェアSIMを比較したものが以下です。

特徴

BIGLOBEモバイルのシェアSIM

OCN モバイル ONEの容量シェア

シェアSIMのタイプ
  • 音声通話SIM
  • SMS・データ通信SIM
  • データ通信専用SIM
  • 音声通話SIM
  • SMS・データ通信SIM
  • データ通信専用SIM

追加できる枚数

4枚まで

4枚まで

月額料金

  • 音声通話SIM:月額990円
  • SMS・データ通信SIM:月額352円
  • データ通信専用SIM:月額220円
  • 音声通話SIM:月額572円
  • SMS・データ通信SIM:月額572円
  • データ通信専用SIM:月額440円

初期費用

  • 手数料:3,300円
  • SIM手数料:433円
  • 手数料:0円
  • SIM手数料:433円

 

BIGLOBEモバイルとOCN モバイル ONEのシェアは、特徴は大きく変わりありませんが、月額料金と初期費用に関してはOCN モバイル ONEの方がお得になっています。

また、BIGLOBEモバイルとOCN モバイル ONEの料金を比較すると、OCN モバイル ONEの方が若干安くなっているのもわかります。

シェアしたいデータ通信量が10GBより大きいのであればBIGLOBEモバイルを、10GB以下であるならOCN モバイル ONEを選ぶのが良さそうです。

プラン

BIGLOBEモバイル月額料金

OCN モバイル ONEの月額料金

1GBプラン

1,078円

770円

3GBプラン

1,320円

990円

6GBプラン

1,870円

1,320円

10GB

1,760円

12GBプラン

3,740円

20GBプラン

5,720円

30GBプラン

8,195円

 

→ OCN モバイル ONEの料金とは?どんな人にオススメか徹底解説

 

家族割とシェアSIMのどっちがオススメ?

BIGLOBEモバイルの家族割は、契約プランを増やしてプランごとに料金を割り引くという仕組みで、シェアSIMは1つの契約を複数で使用するという仕組みです。

家族割は、一人ひとりのデータ通信量を設定してプランを選べて、そのデータ通信量は使用者だけが使っていくので、それぞれがスマホをよく使う方であれば家族割りのほうがいいでしょう。

一方で、シェアSIMは決まったデータ通信量を複数人でシェアするので、そこまでスマホの使用頻度が高くない人同士が利用するとスマホ料金がお得になります。

 

BIGLOBEモバイルはオススメ?他の格安SIMの方が良い?

BIGLOBEモバイルをオススメできる方は、

  • 1つの契約でデータ通信量をシェアして使える人(そこそこデータ通信を使う人)
  • 対象のアプリをよく使う人

です。

 

BIGLOBEモバイルにはシェアSIMという仕組みがあり、これは主回線のデータ通信量を副回線と一緒にシェアして使えるものです。

副回線の追加には、初期費用と月額料金がかかりますが、2つの料金プランを契約をして2台のスマホを使うよりも、副回線を使用して1つの料金プラン契約で2つのスマホでシェアした方が料金が抑えられます。

月額料金

  • 音声通話SIM:月額990円
  • SMS・データ通信SIM:月額352円
  • データ通信専用SIM:月額220円

初期費用

  • 手数料:3,300円
  • SIM手数料:433円

 

また、シャアSIMという仕組みは、OCN モバイル ONEという格安SIMにもありますが、OCN モバイル ONEは契約できるデータ通信量が10GBのわりとライトなユーザー向けとなっています。

一方で、BIGLOBEモバイルは、20GBや30GBの大容量プランがあるので、データ通信をシェアしても1台ごとに使用できるデータ通信量が多くなります。

そのため、データ通信をそこそこ使う人同士でもシェアSIMが利用しやすいです。

料金プラン

BIGLOBEモバイル月額料金

OCN モバイル ONEの月額料金

1GBプラン

1,078円

770円

3GBプラン

1,320円

990円

6GBプラン

1,870円

1,320円

10GB

1,760円

12GBプラン

3,740円

20GBプラン

5,720円

30GBプラン

8,195円

 

 

そして、BIGLOBEモバイルにはもう一つ特徴があり、それが月額308円で加入できる「エンタメフリー・オプション」というオプションです。

このオプションを使うことで、対象のアプリで使用するデータ通信量はカウントされないため、実質、1ヶ月の契約するデータ通信量以上にデータ通信量を使用できるということになります。

これらのアプリをよく使う人であれば、データ通信は使うことが多く、通信制限に悩まされる方も多いです。

そんな人がエンタメフリー・オプションを使えば、月額308円以上のポテンシャルは発揮してくれておすすめです!

  • Youtube
  • Youtube Kids
  • ABEMA
  • U-NEXT
  • Youtube Music
  • Apple Music
  • Spotify
  • AWA
  • Amazon Music
  • LINE MUSIC
  • radiko
  • らじる★らじる
  • dヒッツ
  • RecMusic
  • 楽天ミュージック
  • dマガジン
  • dブック
  • 楽天マガジン
  • 楽天Kobo
  • Facebook Messenger
  • au PAY マーケット

 

対象とならない機能もあるので、そちらは絶対に確認しておきましょう。

エンタメフリー・オプションの対象外の機能

Youtube 動画、音楽のアップロード
U-NEXT ダウンロード機能
Apple Music ビデオの再生
Spotify ポッドキャストの使用
Amazon Music ブラウザ上での再生、MVとポッドキャストの再生
LINE MUSIC ダウンロード機能、動画視聴
dヒッツ dミュージックで購入した曲のダウンロード
RecMusic 動画視聴
Facebook Messenger ビデオ通話、第三者が提供するGIFやゲームなど
au PAY マーケット 動画視聴、特設ページの閲覧、購入手続き、アカウント管理、レビュー投稿

 

以上から、BIGLOBEモバイルをオススメできるのは、10GB以上のデータ通信をシェアして利用できる環境にある人で、さらに、エンタメフリー・オプションを使うことでデータ通信をさらにお得に使える方です!

また、BIGLOBEモバイルは、データ通信量が余ったら翌月にくりこせる特徴もあるので、ムダなくスマホを使うことができます!

 

BIGLOBEモバイルをオススメしない人

BIGLOBEモバイルをおすすめできない人、別の格安SIMの方がお得になる方は、

  • 自分一人でスマホだけを使う人
  • そこまでデータ通信を使わず、月10GB以下でおさまる人
  • 家族みんなでスマホ料金を安くしたい人

です。

 

BIGLOBEモバイルをおすすめする人の裏返しではありますが、BIGLOBEモバイルはシェアSIMとエンタメフリー・オプションを使うことでお得さを最大限発揮できる格安SIMです。

自分一人だけで、さらにスマホだけで良い方は、BIGLOBEモバイルではなく、ahamo、povo、LINEMO、楽天モバイルあたりがおすすめの格安SIMになります。

→ ahamoの料金、注意点など総まとめ

→ povoとは?料金や注意点を総まとめ

 LINEMOとは?料金や契約前に知っておきたい5個の注意点

→ 楽天モバイルの料金プランとその仕組を徹底解説

 

また、1ヶ月のうちに月10GB以内でおさまる方で、エンタメ系のアプリもそこまで使わない方は、少ないデータ通信量に特化したOCN モバイル ONEやIIJ mioがおすすめです。

→ IIJ mioのスマホ料金プランはいくらになる?比較もあり

→ OCN モバイル ONEの料金とは?どんな人にオススメか徹底解説

 

そして、BIGLOBEモバイルには家族割があります。

1GBや3GBの少ないデータ通信量で大丈夫な方は、BIGLOBEモバイルで家族割を使えば、お得感がありますが、10GBや20GBあたりになってくると割引額が少ないためオススメはできません。

そこそこデータ通信を使って、さらに家族みんなでスマホ料金を安くしたいと考えているならYmobileがオススメです!

Ymobileの料金プランとは?どんな人にお得でオススメ?

 

この記事の執筆者
なべ
なべ

休日には映画を見て、時間がある時はドラマを見て、ひとりでいる時は音楽を聴いている趣味「エンタメ」な人間です! また、動画配信アプリは11個、音楽配信アプリは12個登録して使い比べている「エンタメアプリオタク」でもあります。

 カテゴリ関連記事