自分に合った動画アプリ(vod)を見つけよう!
  • 掲載記事数 415 記事
  • 作品登録数 8263 作品

15の視点で比較!ahamo、povo、LINEMOの違いとオススメとは?

更新日:2021年06月10日
ahamo(アハモ) LINEMO(ラインモ) povo(ポヴォ)
ahamo、povo、LINEMOってどれがいいの?一番安いのはどれ?
今使っているキャリアからahamo、povo、LINEMOに乗り換えるのはアリ?ナシ?どれがオススメ?
ahamo、povo、LINEMOを比較したい!どれが自分に合っているの?

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、『ahamo、povo、LINEMOの3社格安SIMの比較』をご紹介していきます。

 

docomoのahamo、auのpovo、SoftbankのLINEMO

どれが最もオススメなのか?

安いのか?

自分に合っている格安SIMはどれなのか?

そもそも乗り換えたほうがいいのか?

この記事でahamo、povo、LINEMOについて知っていきましょう!

 

サービス開始日

3社格安SIM

提供開始日


ahamo

2021年3月26日


povo

2021年3月23日


LINEMO

2021年3月17日

ahamoは2021年3月26日、povoは2021年3月23日、LINEMOは2021年3月17日にサービスが開始されます。

 

各社先行エントリーを応募しており、キャンペーンに応募するとポイントがもらえるためチェックしておきましょう。

 

先行エントリー

3社格安SIM

エントリーの応募期間

先行エントリーの内容


ahamo

2021年3月25日まで

dポイント5,000円分プレゼント(期間・用途限定)


povo

2021年3月22日まで

au PAY3,000円相当プレゼント


LINEMO

2021年3月16日

PayPay3,000円相当プレゼント(出金・譲渡不可)

先行エントリーのため、サービス開始の前日までにオンラインからキャンペーンにエントリーする必要があります。

 

契約できる人

3社格安SIM

契約できる人


ahamo

20歳以上の個人

未成年を利用者登録は可


povo

20歳以上の個人

未成年を利用者登録は不可


LINEMO

18歳以上の個人

未成年を利用者登録は可

ahamoとpovoを契約できるのは、20歳以上の個人の方になります。

ahamoの場合は、20歳以上の方がahamoを契約し、利用者を未成年の方に設定することができます。(例えば、親が契約者で、子供が利用者)

しかし、povoは、未成年の方を利用者に登録できないため、完全に20歳以上が対象となっています。

LINEMOは、18歳以上の方は契約をできます。(未成年の場合は法定代理人が必要)

また、18歳未満の方がLINEMOを利用する場合は、親名義で契約をして利用者を子供にすることが可能です。

 

料金とプラン内容

3社格安SIM

基本料金(月)

1ヶ月のデータ通信量 通話料


ahamo

2,970円(税込)

20GB

5分間無料

22円/30秒(税込)


povo

2,728円(税込)

20GB

22円/30秒(税込)


LINEMO

2,728円(税込)

20GB 22円/30秒(税込)

 

ahamo、povo、LINEMOの料金プランで違うポイントは、ahamoにあります。

ahamoは、基本料金の中に5分間の通話料無料が入っていることです。

povo、LINEMOは、基本料金だけでは電話をかけると22円/30秒(税込)で通話料金が発生するようになっています。

しかし、povoとLINEMOは、ahamoと比べて焼く250円ほど安くなっています。

 

オプション

3社格安SIM

主なオプション


ahamo

  • 1GB追加:550円(税込)
  • 電話かけ放題:1,100円(税込)


povo

  • 1GB追加:550円(税込)
  • 5分かけ電話放題:550円(税込)
  • 電話かけ放題:1,650円(税込)
  • 24時間データ使い放題:220円(税込)


LINEMO

  • 1GB追加:550円(税込)
  • 5分かけ電話放題:550円(税込)
  • 電話かけ放題:1,650円(税込)

 

ahamo、povo、LINEMOのどのブランドにもオプションをつけることができます。

基本料金にオプション料金をプラスすることでスマホをさらに便利に使えるようなオプションが用意されています。

 

特徴的なのは、povoにある「24時間データ使い放題」でしょう。

他社にはないオプションであり、24時間だけデータを使い放題できるオプションが用意されています。

 

ahamoは、povoやLINEMOよりも基本料金が高くなっていますが、これは5分間の電話かけ放題が基本料金に含まれているからです。

povoとLINEMOはオプションで5分の電話かけ放題をつけることができます。

ahamoは、基本料金2,970円(税込)/月ですが、povoとLINEMOに5分かけ放題のオプションを付けるとどちらも3,278円(税込)となるため、5分かけ放題が必要な方はahamoだと焼く300円ほど安くできます。

 

特徴的なサービス

3社格安SIM

特徴的なサービス


ahamo

  • 海外でも月20GBを追加料金無しで使える


povo

  • 24時間データ通信使い放題などのオプション


LINEMO

  • LINEアプリのデータ通信がカウントフリー(一部対象外)
  • LINEスタンプ使い放題(ベーシックコース)

 

ahamoは、海外でahamoのスマホを使う際、月に使える20GBをのデータ通信をそのまま海外でも使うことができます。

さらに、追加料金なしで使えるのが特徴的です。これはpovoとLINEMOにはありません。

 

povoは、24時間データ通信使い放題などのオプションがあるのが特徴的で、今後もこれらのオプションは追加予定だそうです。

ahamoやLINEMOにはない、魅力的なオプションが使えることが予想されます。

 

LINEMOは、名前にもある通りLINEとSoftbankから出ている格安SIMブランドです。

LINEアプリで使用するデータ通信量(トークや通話など)がカウントされません。

また、2021年夏からはLINEのスタンプが使い放題できるLINEスタンププレミアムのベーシックプランが追加料金なしで利用できます。

 

キャリア決済

3社格安SIM

キャリア決済


ahamo

spモードコンテンツ決済サービス:不可


povo

auかんたん決済:可(auから引き継ぎOK)


LINEMO

ソフトバンクまとめて支払い:可(Softbankから引き継ぎNG)
※提供予定

 

ahamoは、docomoのspコンテンツ決済サービスが利用できません。

docomoからahamoに乗り換えた際、spモードコンテンツ決済サービスに設定している支払いはすべて解除されるため注意が必要です。

 

povoは、auのauかんたん決済が利用できます。

また、auからpovoに乗り換えても、auで使っているauかんたん決済をそのままpovoに引き継ぎができます。

 

LINEMOは、Softbankのソフトバンクまとめて支払いが利用できる予定です。

しかし、SoftbankからLINEMOに乗り換えた場合、ソフトバンクまとめて支払いの設定は一度すべて解除されるので注意が必要です。

 

キャリアメール

3社格安SIM

キャリアメール


ahamo

なし


povo

なし


LINEMO

なし

 

ahamo、povo、LINEMOの3社ともキャリメールは使えません。

ahamoはdocomoの「@docomo.ne.jp」が、povoはauの「@au.com」「@ezweb.ne.jp」が、LINEMOはSoftbankの「@i.softbank.jp」などが利用できませんので注意が必要です。

 

ahamo、povo、LINEMOどのキャリアを利用するのであっても乗り換える前に、メルマガやログインアドレスを別のアドレスに変更しておきましょう。

GoogleのGmailやYahoo!のヤフーメールといった無料で作成できるメールアドレスを利用していくことになっていきます。

また、サービスによっては、キャリアメール以外のメールアドレスの登録を受け付けない場合があるので事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

 

データ通信をを使い切ったあとの通信制限

3社格安SIM

通信制限


ahamo

送受信時最大1Mbps    


povo

送受信時最大1Mbps    


LINEMO

送受信時最大1Mbps    

ahamo、povo、LINEMO3社とも月に利用できるデータ通信量を超えた場合、送受信時最大1Mbpsの通信制限が発生します。

 

送受信時最大1Mbpsの通信制限は、場所や時間帯によっては快適にスマホを利用できないときがあります。

ですが、WEBサイトの閲覧、動画アプリの視聴、音楽アプリの再生など大きな通信を使わない使用方法は、問題なく利用できるほどです。

制限はないに越したことはありませんが、月20GB使えて、通信制限は送受信時最大1Mbpsなので通信に関しては大きなデメリットはないでしょう。

また、3社ともdocomo、au、Softbankの回線を利用しているため、回線に強いことも期待できます。

 

使えるネットワーク

3社格安SIM

ネットワーク


ahamo

  • 4G
  • 5G


povo

  • 4G
  • 5G(2021年夏予定)


LINEMO

  • 4G
  • 5G

 

ahamo、povo、LINEMOのどれもが4Gと5Gを追加料金なしで利用できます。

povoに関しては5Gは2021年夏を予定している。

 

テザリング

3社格安SIM

テザリング


ahamo

追加料金無し


povo

追加料金無し


LINEMO

追加料金無し

 

ahamo、povo、LINEMOの3社ともテザリングを利用できます。

追加料金もないので、スマホからWi-Fiを飛ばしてパソコンやタブレットを利用できる。

 

各種手数料

3社格安SIM

各種手数料


ahamo

  • 新規契約事務手数料:無料
  • MNP転出手数料:無料
  • 解約金:無料


povo

  • 新規契約事務手数料:無料
  • MNP転出手数料:無料
  • 解約金:無料


LINEMO

  • 新規契約事務手数料:無料
  • MNP転出手数料:無料
  • 解約金:無料

 

ahamo、povo、LINEMOの3社とも契約手数料、MNP転出手数料、解約金は無料です。

 

同ブランドからの移行

3社格安SIM

同ブランドからの移行


ahamo

  • 手数料無料
  • docomoの契約期間は引き継ぎ


povo

  • 手数料無料
  • auの契約期間は引き継げない


LINEMO

  • 手数料無料
  • Softbankの契約期間は不明

 

ahamo、ドコマから移行する場合は手数料無料で移行できます。

また、docomoの契約期間を引き継ぎ可能

 

povoは、auとUQモバイルから移行する場合は、手数料は無料です。

しかし、auの契約期間は引き継げないので注意が必要です。

 

LINEMOは、SoftbankやYmobileから乗り換える場合は手数料がかかりません。

Softbankの契約期間を引き継げるかどうかはまだ不明です。

 

申し込み・サポート

3社格安SIM

同ブランドからの移行


ahamo

オンラインのみ


povo

オンラインのみ


LINEMO

オンラインのみ

 

ahamo、povo、LINEMOを使う際、十分注意したい点は、『申し込みやサポートはすべてオンラインのみ』ということです。

ドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップでは対応してくれません。

 

注意したいのはスマホが故障したときで、新しいスマホが届くまでに数日かかるためスマホを使えない日が出てくる可能性があることです。

オンラインだからこそメリットはありますが、デメリットがあることもお忘れなく。

 

Apple Watchのセルラーモデルについて

3社格安SIM

Apple Watchセルラーモデル


ahamo

ワンナンバーサービス:対象外


povo

ナンバーシェア:対象外

ウォッチナンバー:auからの乗り換えするiPhoneは対象


LINEMO

対象外

 

ahamo、povo、LINEMOともに、Apple WatchあのセルラーモデルがApple Watch単体で通信を使えるサービスは対象外となっています。

そのため乗り換えをした場合は、Apple WatchとiPhoneをBluetoothで接続することでApple Watchが通信を使えるようになります。

セルラーモデルのメリットであるiPhoneをもっていなくてもApple Watch単体で通信が使える点はなくなってしまうので注意しましょう。

 

docomoの『ahamo』はオススメ?

docomoから新しく登場した「ahamo(アハモ)」は、2,970円(税込み)/月で、月20GBのデータ通信量、5分間の電話かけ放題の料金プランです。

 

  • 基本料金2,970円(税込み)/月
  • 月のデータ通信量は20GB
  • 5分間の電話かけ放題はプランに入っている
  • 電話かけ放題は+1,100円(税込)
  • 海外でも追加料金なしでデータ通信が使える
  • docomoの契約期間が引き継げる
  • spモードコンテンツ決済が使えない
  • キャリメールが使えない
  • ファミリー割引のアハモ回線からの通話が対象外
  • みんなドコモ割は対象外(カウントは対象)
  • オンライン限定

 

ahamoをオススメできる人

ahamoは、スマホ料金を安く抑えながらも、月20GBの通信量と5分間の電話かけ放題が必要な方におすすめです!

特に、5分の電話は以外とかけるシーンが多かったりもします。(お店の予約、問い合わせなど)

5分かけ放題がある場合、povo、LINEMOよりも安くなるのでこの点はahamoをオススメできるポイントです!

また、海外での利用は追加料金なしでデータ通信が使えるので、海外での利用が多い方はpovoやLINEMOより良いでしょう!

 

auの『povo』はオススメ?

 

auから新しく登場した「povo(ポヴォ)」は、2,728円(税込)/月で、月20GBのデータ通信量の料金プランです。

 

  • 基本料金2,728円(税込み)/月
  • 月のデータ通信量は20GB
  • 5分間の電話かけ放題は+550円(税込)
  • 電話かけ放題は+1,650円(税込)
  • auの契約期間が引き継げない
  • auかんたん決済が使える(auからの引き継ぎOK)
  • キャリメールが使えない
  • 家族割りプラスは対象外(2021年夏までの契約でカウント対象にはなる)
  • auスマートバリューは対象外
  • 家族割りは対象外
  • スマイルハート割引は対象外
  • オンライン限定

 

povoをオススメできる人

povoは、au回線で、月20GBのデータ通信量で、料金を2,728円(税込み)/月と安く抑えたい方にオススメです。

電話かけ放題も不要なところがポイントで、5分間の電話かけ放題が基本料金に入っているahamoと比べて焼く250円ほど安くできます。

auからの乗り換えは、契約期間が引き継げなかったり、割引が対象外になるので注意が必要ですが、料金面でみたらコスパはとても良くなります!

Softbankの『LINEMO』はオススメ?

 

Softbankから新しく登場した「LINEMO(ラインモ)」は、2,728円(税込)/月で、月20GBのデータ通信量の料金プランです。

 

  • 基本料金2,728円(税込み)/月
  • 月のデータ通信量は20GB
  • 5分間の電話かけ放題は+550円(税込)
  • 電話かけ放題は+1,650円(税込)
  • LINEのデータ通信がカウントフリー(一部対象外)
  • LINEのスタンプが使い放題(ベーシックコース)
  • ソフトバンクまとめて支払いは提供が予定されていますが、引き継ぎはできない
  • キャリメールが使えない
  • 家族割りは対象外
  • Yahoo!プレミアムの利用料金割引は対象外
  • オンライン限定

 

LINEMOをオススメできる人

LINEMOは、Softbank回線で、月20GBのデータ通信量で、料金を2,728円(税込み)/月と安く抑えたい方にオススメです。

特に、LINEの利用頻度が高く、メッセージはLINEで、電話もLINEという方はスマホ料金を抑えられるだけでなく、データ通信量の節約にもなり、その他のアプリやWeb閲覧にデータ通信を回すことができます。

LINEを主要なコミュニケーションアプリとして利用しており、スマホ料金を安くしたい方はコスパが良くなるでしょう!

 

乗り換えるべきか?様子見か?

ahamo、povo、LINEMOの格安SIMのブランドに乗り換えるべきかどうか。

これは、現在のスマホ料金への不満やプラン内容によって判断するといいでしょう。

 

ポイントとなる点は以下の5つです。

  • スマホ料金を安くしたいのか?
  • キャリアメールをGmailやヤフーメールなどに代替できるか?
  • 電話はLINEまたは5分以内に抑えられるか?
  • 家族割など対象外の割引は必要ないか?
  • 申し込み、サポートともにオンラインであることのデメリットを受け入れられるか?

 

これらのポイントをチェックしてみて、ahamo、povo、LINEMOに乗り換えるかどうか検討するのが良いでしょう。

各格安SIMについては次の記事で解説しています。

→ 2021年3月最新!ahamoの料金、注意点など総まとめ

 povoとは?2021年3月最新!料金や注意点を総まとめ

→ LINEMOとは?料金や契約前に知っておきたい5個の注意点

 

まとめ

3社格安SIM


ahamo

povo

LINEMO

提供開始日

2021年3月26日

2021年3月23日

2021年3月17日

エントリーの応募期間

2021年3月25日まで

2021年3月22日まで

2021年3月16日

先行エントリーの内容

dポイント5,000円分プレゼント(期間・用途限定)

au PAY3,000円相当プレゼント

PayPay3,000円相当プレゼント(出金・譲渡不可)

契約できる人

  • 20歳以上の個人
  • 未成年を利用者登録は可
  • 20歳以上の個人
  • 未成年を利用者登録は不可
  • 18歳以上の個人
  • 未成年を利用者登録は可

基本料金(月)

2,970円(税込)

2,728円(税込)

2,728円(税込)

1ヶ月のデータ通信量

20GB

20GB

20GB

通話料

  • 5分間無料
  • 22円/30秒(税込)

22円/30秒(税込)

22円/30秒(税込)

主なオプション

  • 1GB追加:550円(税込)
  • 電話かけ放題:1,100円(税込)
  • 1GB追加:550円(税込)
  • 5分かけ電話放題:550円(税込)
  • 電話かけ放題:1,650円(税込)
  • 24時間データ使い放題:220円(税込)
  • 1GB追加:550円(税込)
  • 5分かけ電話放題:550円(税込)
  • 電話かけ放題:1,650円(税込)

特徴的なサービス

海外でも月20GBを追加料金無しで使える

24時間データ通信使い放題などのオプション

  • LINEアプリのデータ通信がカウントフリー(一部対象外)
  • LINEスタンプ使い放題(ベーシックコース)

キャリア決済

spモードコンテンツ決済サービス:不可

auかんたん決済:可(auから引き継ぎOK)

ソフトバンクまとめて支払い:可(Softbankから引き継ぎNG)
※提供予定

キャリアメール

なし

なし

なし

通信制限

送受信時最大1Mbps  

送受信時最大1Mbps  

送受信時最大1Mbps  

ネットワーク

  • 4G
  • 5G
  • 4G
  • 5G(2021年夏予定)
  • 4G
  • 5G

テザリング

追加料金無し

追加料金無し

追加料金無し

各種手数料

  • 新規契約事務手数料:無料
  • MNP転出手数料:無料
  • 解約金:無料
  • 新規契約事務手数料:無料
  • MNP転出手数料:無料
  • 解約金:無料
  • 新規契約事務手数料:無料
  • MNP転出手数料:無料
  • 解約金:無料

同ブランドからの移行

  • 手数料無料
  • docomoの契約期間は引き継ぎ
  • 手数料無料
  • auの契約期間は引き継げない

Softbankの契約期間は不明

申し込み・サポート

オンラインのみ

オンラインのみ

オンラインのみ

Apple Watchの
セルラーモデルについて

ワンナンバーサービス:対象外

  • ナンバーシェア:対象外
  • ウォッチナンバー:auからの乗り換えするiPhoneは対象

対象外

 

この記事では、『ahamo、povo、LINEMOの3社格安SIMの比較』をご紹介しました。

 

この記事の執筆者
なべ
なべ

休日には映画を見て、時間がある時はドラマを見て、ひとりでいる時は音楽を聴いている趣味「エンタメ」な人間です! また、動画配信アプリは11個、音楽配信アプリは12個登録して使い比べている「エンタメアプリオタク」でもあります。

 カテゴリ関連記事